強姦事件に強い弁護士 示談交渉にも対応できる弁護士

2016-01-25

強姦事件に強い弁護士 示談交渉にも対応できる弁護士

大阪府吹田市に住む会社員のAは、性欲を発散するために風俗店に行き、本番行為をしてしまった。その風俗店では本番行為を禁止しており、事実を知った店の店長がAに対して「強姦行為で告訴する。それが嫌なら300万円支払え」と要求してきた。そこでAは警察に相談した。

強姦罪は、被害者の抵抗を困難にする暴行又は脅迫を用いて女子を姦淫したものに成立する犯罪です。Aが女性に対して抵抗が出来なくなる程度の暴行又は脅迫を行っていたのだとすれば、強姦罪が成立する可能性があります。

Aとしては、傷を少なくするためにも、示談で終結させたいと思っているかもしれません。Aは警察に相談しましたが、警察は示談交渉に参加することはないでしょう。一般に警察の立場としては、「民事不介入」と言われるからです。しかし、民事不介入だからといっても、全ての民事に対して警察は何もしないかと言われるとそうでもないらしく、二次被害が出ない程度には介入していくのが常です。過去にも、警察が何もせずに、見て見ぬふりをしていたことにより、被害が拡大するという失態が度々あったからです。

示談をするには、弁護士を介して行うのが一般的です。当事者同士で行うと、被害者側からの怒りをぶり返すことになり、示談交渉がこじれてしまうことが多々あるからです。

示談交渉に対応し、優れた成果を収めることのできる、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、経験豊富で難しい示談交渉にも積極的に解決に導きます。
吹田市強姦事件に巻き込まれた、又は示談交渉をしたいが頼れる弁護士がいないなどでお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(大阪府吹田警察署の初回接見費用:3万6900円)