覚せい剤取締法違反による逮捕に強い弁護士 刑事事件対応に定評のある弁護士

2016-03-01

覚せい剤取締法違反による逮捕に強い弁護士 刑事事件対応に定評のある弁護士

大阪府堺市に住むAは、以前から覚せい剤を使用していると警察から目を付けられた人物であったが、堺市内を徒歩で通行中、警察官による職務質問に遭い、所持品検査の結果パケが見つかった。簡易鑑定の結果、覚せい剤反応が出たため、大阪府南堺警察署により、覚せい剤取締法違反の罪で逮捕された。

覚せい剤取締法違反は、よく有名なのが、「使用」と「所持」ですね。
最近では、元プロ野球選手が覚せい剤所持で逮捕され、その後使用で再逮捕されるといったケースが有名ですね。
噂の範囲ですが、覚せい剤といえば、芸能界に広がっており、暴力団ともつながりのある人物がいるといったことも見聞きします。
警察はどこまで把握しているのでしょうか。興味がありますね。

覚せい剤取締法違反の事件の場合には、警察の取調べ手法が問題になるケースがよくあります。
例えば、職務質問を受けた時に、無理矢理カバンを開けられたとかポケットの中身を見られたとか、職務質問の限界を超えた捜査が行われたといった場合です。
このような場合は、直ちに抗議をしなければいけません。
そして取扱状況の違法性を訴えることも必要です。

刑事事件の取扱いに定評のある、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、覚せい剤取締法違反などの薬物事犯で逮捕された方に対しても、薬物事件取扱いに精通した弁護士が誠心誠意対応し、最善の結果を得ることができるように全力で取り組みます。
大阪府堺市覚せい剤取締法違反で逮捕された、薬物事件に強い弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(大阪府南堺警察署の初回接見費用:3万9100円)