覚せい剤取締法違反による逮捕に強い弁護士 刑事事件に頼れる弁護士

2016-03-17

覚せい剤取締法違反による逮捕に強い弁護士 刑事事件に頼れる弁護士

大阪府池田市に住むAは、インターネットで知り合った男性から覚せい剤を購入したところを、付近を警戒中の大阪府池田警察署の警察官に見つかり、職務質問を受けた。所持品検査の結果、先ほど購入した覚せい剤が見つかり、簡易鑑定の結果、覚せい剤取締法違反の罪で逮捕された。

覚せい剤取締法違反に関する犯罪では、「使用」及び「所持」が問題になります。
薬物犯罪であるので、やはり使用頻度や使用回数、使用期間が重要になってきます。
もちろん、覚せい剤の所持で逮捕されたのであれば、その量が問題になります。

覚せい剤で逮捕された場合、逮捕に至る警察官からの職務質問状況や鑑定状況、逮捕から勾留に至る手続きで、違法な行為はなかったかを徹底的に検討し、違法な行為が考えられれば、そこに対して徹底的に抗議することも可能でしょう。

また、刑を軽くするためにも、家族を含め、生活環境を改善することも考えられます。薬物を絶つということを積極的にアピールするためにも、薬物専門の病院に通院し、専門医によるカウンセリングを受けるというということも考えられます。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、どのような状況にいる依頼者に対しても、その方の状況に応じたベストの選択肢を、刑事事件に優れた弁護士の知恵を集結し、選択いたします。
大阪府池田市で、覚せい剤取締法違反逮捕された、また、どのような状況でも投げ出さない弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。