脅迫による逮捕に強い弁護士 刑事事件に迅速に対応する弁護士

2016-02-29

脅迫による逮捕に強い弁護士 刑事事件に迅速に対応する弁護士 

兵庫県加古川市に住むAは、女性を巡るトラブルから、被害者Vに対して、「お前の家族を殺してやる」と申し向け、脅迫した。
Aによる度重なる脅迫に恐れたVは、その文言を録音しており、これが証拠となり、後日Aは脅迫罪で加古川警察署逮捕された。

脅迫罪は、刑法222条に書かれており、「生命、身体、自由、名誉又は財産に対して害を加える旨を告知して人を脅迫した者」となっています。
対象となるのは、脅迫を受けた本人又は親族です。
ですので、例えば「お前の恋人を殺してやる」といっても犯罪は成立しないでしょう。

では脅迫って、どれくらいの「脅し」なのでしょうか。
脅迫罪における脅迫とは、「受けた本人が恐怖に陥る」必要があります。
言われた人によっては、全然脅迫に感じないといった場合もよくありますね。
少しの口論や、ケンカの延長線みたいな脅迫では、よほど重大でない限り、刑事事件にまでに至ることはないのではないでしょうか。

最近のニュースによる逮捕事案では、有名なカメラマンが、通産省事務次官を脅す文書を送ったとして、脅迫罪で逮捕されたといったものがあります。

脅迫罪を含め、刑事事件全般に対応し、その対応の良さに定評のある、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、依頼者からの信頼も厚く、常に依頼者と距離を近くに保ち、どんな些細な相談や疑問にも親身になって対応いたします。

兵庫県加古川市で、脅迫罪で逮捕された、また頼れる弁護士刑事事件をお願いしたいといった方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。