痴漢による逮捕に強い弁護士 頼れる刑事事件専門の弁護士

2016-03-19

痴漢による逮捕に強い弁護士 頼れる刑事事件専門の弁護士

大阪府堺市に住むAは、満員電車の地下鉄の中で、前に立っていた女子高生のお尻を触り、通報を受けた大阪府西堺警察署の警察官により、迷惑防止条例違反逮捕された。

逮捕されたAは、警察署の刑事課に連行され、逮捕手続きに移った。
警察署から連絡を受けた家族はショックのあまり、何をどのようにしたらよいかわからないでしょう。
逮捕されたA自身も、このまま拘束が続けば会社にバレてしまう、報道されてしまえば、本人はもとより家族にとっても耐え難いものとなることでしょう。

家族としても、実際のところはどうなのか、一刻も早く本人と会って事実を聞きたいところですが、逮捕されて初期の段階ではご家族との面会には非常に大きく制限がかかってしまいます。

いつまで勾留が続くのか、いつ家に帰ってこれるのか、不安な時間が続きます。
そして、何とかこのことを世間に知らせることなく、また、会社に見つかることなく穏便に解決したいところです。

このような対応はスピードが大事になってきます。
あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、24時間365日、どのような事件に対しても依頼があれば、体制を整えて必要な場所にすぐに駆けつけます。
そして、逮捕されている方の状況などを把握し、ご家族にその内容を伝え、一緒になって、今後の対応を考えていきます。
共に納得のいく解決策をご提案していきます。

大阪府堺市で、迷惑防止条例違反逮捕された、また、すぐに動いてくれる弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(大阪府西堺警察署の初回接見費用:3万7700円)