【逮捕】大阪で監禁事件 刑事事件に強い弁護士

2016-04-13

大阪で監禁事件に強い、刑事事件に強い弁護士

大阪府枚方市に住むホストAは、仲間のホストと共に、ホストクラブが閉店した午前6時から午後6時まで、12時間にわたって、ホストクラブ店内に、飲食代を支払わないホストクラブの女性客を監禁した事実で、後日、大阪府南警察署監禁罪逮捕されました。
(このお話はフィクションです。)
 
監禁とは、人の行動の自由を場所的に拘束することを言い、刑法第220条に「逮捕及び監禁」として定められ、犯した場合は3月以上7年以下の懲役が科せられる場合があります。

最近では、大学生が約2年間にわたって自宅に女子中学生(当時)を監禁していた埼玉女子中学生監禁事件が発覚し世間を騒がせましたが、平成12年には、少女が約9年2カ月間という長期に渡って監禁されていた事件が発覚し、世間を震撼させるとともに、この事件をきっかけに、「3月以上5年以下の懲役」から現在の法定刑に切り上げられました。
 
逮捕罪は、人の身体を直接的に拘束する事を言いますが、監禁罪は、人を一定の場所に拘束する事を言い、その手段や方法に制限はなく、暴行や脅迫はもちろんの事、人の羞恥心や、恐怖心を利用したりして一定の場所に留めおいても監禁罪が成立する場合があります。
また、倉庫の中に作業員がいる事を確認せずに出入り口の鍵をしてしまい、倉庫内に作業員を閉じ込めてしまった者が、その事実を知った後もあえてこれを放置した様な、不作為による場合でも監禁罪となる事があります。

あいち刑事事件総合法律の弁護士は、多くの刑事事件を扱い、様々な事件の犯人から話を聞いてきました。
そして、様々な事件を紐解いていくと、被害者側に落ち度がある様な事件も少なくありません。

ホストAが選任した、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、女性客がホストクラブに対して多額のツケをしているなど被害者側に落ち度があった事を裏付けるとともに、監禁行為そのものに、暴行、脅迫を用いておらず、悪質性がないことを証明しました。
その結果、ホストAは、10日間の勾留後、不起訴処分となり釈放されたのです。

身内の方が警察に逮捕されたからといって諦めないでください。
あいち刑事事件総合法律事務所にご一報くだされば、当事務所の弁護士が警察署に行き、逮捕された方から直接話を伺いうなどして、お客様の強い味方となる事をお約束します。
 
初回相談を無料で行っております。