器物損壊事件による逮捕に強い弁護士 刑事事件に強い弁護士

2015-12-23

器物損壊事件による逮捕に強い弁護士 刑事事件に強い弁護士

兵庫県宝塚市に住むAは、仕事でうまくいかず、むしゃくしゃし、帰宅途中の大阪市内のコンビニのガラスを蹴り割ってしまった。
Aはそのまま立ち去ったが、コンビニ店員から通報を受けた曾根崎警察署の警察官は、人着に酷似する人物を発見し、Aはそのまま器物損壊の容疑で逮捕された。

曾根崎警察署に連行され取調室に入れられたAは、強面の捜査員に囲まれた。
Aは当初、むしゃくしゃしていた態度を捜査員に対してもあからさまにしていたところ、捜査員からは暴言を浴びせられ、人格を否定するような言葉であれやこれやと供述を引き出そうとしてきた。

しびれを切らした一人の捜査員は、Aの胸倉を掴み、取調室の壁に押し当て、「お前のやっていることは立派な犯罪や。刑務所にぶち込んでやる」と脅迫めいた言葉でAに暴力を振るう行為まで行った。

そのような行為は、警察官による立派な犯罪であり、特別公務員暴行陵虐罪という罪が成立する可能性があります。

そのような中で供述した内容なんて、無理矢理言わされたものとして、何の裁判上の効力も持たないでしょう。

絶対に自分自身の権利というものを主張しなければなりません。

刑事事件における取調べ対応に強い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、逮捕され又は取調べを受けている皆様に対して、的確にアドバイスを送り、どのように対応するかを親身になって相談に応じます。

器物損壊を含め、刑事事件における逮捕及び取調べ対応に強い弁護士をご用命の際は、あいち刑事事件総合法律事務所の器物損壊事件に強い弁護士まで。
初回無料相談を実施しています。