傷害などの刑事弁護に強い弁護士 示談交渉に経験豊富な弁護士

2016-03-14

傷害などの刑事弁護に強い弁護士 示談交渉に経験豊富な弁護士

大阪府堺市に住むAは、酒の席で同僚と些細なことから喧嘩になり、殴る蹴るをしたことにより、全治2週間のケガを負わせたことにより、大阪府堺東警察署により傷害の罪で逮捕された。

傷害罪とは、その名前が示す通り、人の身体に傷害を負わせることです。
事例のように、殴ってケガをさせるのがイメージしやすいと思いますが、どこからかが傷害にするかという問題には色々な説があり、それを考慮して傷害罪が決められるみたいです。

傷害罪による逮捕を含め、一般的な刑事事件の流れとしては、逮捕から起訴までが最大23日間となっており、このように長期間にわたり、身体が拘束されてしまいます。

刑罰を少しでも軽くするためには、早期に弁護士にお願いし、迅速に動いてもらわなければなりません。
傷害罪の場合、被害者との示談交渉を早期に進めることが、事件を早期かつ穏便に解決する方法になってきます。

実際、当事者同士で示談交渉をすることも可能です。しかし、被害者からしたら、謝ったからって、簡単に許すものでしょうか。
最悪の場合、示談交渉が決裂し、慰謝料などがまとまらなくなることも考えられます。

刑事事件に対する経験豊富な、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、困難な示談交渉に対しても誠心誠意対応し、依頼者の期待に応えるよう、最大限努力いたします。
大阪府堺市で、傷害罪で逮捕された、また、示談交渉で頼れる弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。