大阪の刑事事件 窃盗事件(万引き)に強い弁護士

2015-07-04

大阪の刑事事件 窃盗事件(万引き)に強い弁護士

大阪市浪速区在住のAさんは、浪速区のコンビニエンスストアの店内で、販売されている下着等の日用品5点を万引きしたとして、窃盗罪現行犯逮捕されました。
Aさんを逮捕した大阪府警浪速警察署によると、店員のTさんが、Aさんの万引きをする一部始終を目撃していたとのことです。
Tさんは、自転車に乗って立ち去ろうとするAさんを呼び止め、すぐさま浪速警察署に連絡し、Aさんは同署により現行犯逮捕されるに至りました。

窃盗罪(刑法235条)は、他人の所有物を、その人の許可なく勝手に持っていき、自分の物にしてしまう行為をいいます。
法定刑は、10年以下の懲役、または50万円以下の罰金となります。

では、Aさんに科される量刑は、どうすれば軽くなるでしょうか。
窃盗罪の量刑には、以下の事情が勘案されると考えられます。
・Aさんが初犯かどうか
・万引きの被害額の大小
・万引き手口の悪質さ
・Aさんの反省の程度
・被害者との示談交渉の内容
・被害者の処罰感情の有無
・Aさんの余罪の有無

これらの事情を有利な形で主張して、Aさんの量刑を少しでも軽くするために、刑事事件を専門に扱っている弁護士に、ぜひご相談ください。
Aさんの場合、弁護士のサポートのもとで、Aさんがきちんと反省していることを被害者の店舗側に伝える必要があります。
そして、刑事事件の経験豊かな弁護士が謝罪、示談等行えば、店舗側の万引きの処罰感情を和らげる効果が期待されます。

また、裁判の上で、刑事事件に強い弁護士により、Aさんによる万引きの被害額や、手口が突発的で悪質でないことなどの事情を、適切に主張する必要があります。
Aさんが十分に反省している事情や、示談交渉の進展内容などについても、裁判官の心証に訴えかけなければなりません。
刑事事件に強い弁護士であれば、これらの裁判上の対応にも、豊富な経験により有利な運ぶ場合もあります。

大阪万引き事件でお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。