大阪で覚せい剤事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士

2016-03-29

大阪で覚せい剤事件で逮捕 刑事事件に強い弁護士

 先日、大阪市北区の路上で、元プロスポーツ選手のAが、知人から買った覚せい剤を持っているところを、大阪府曾根崎警察署の警察官に職務質問され、覚せい剤取締法違反現行犯逮捕されました。
(このお話はフィクションです。)
 
 覚せい剤取締法は戦後、覚せい剤の乱用を規制する目的で作られた法律で、使用や所持はもちろんの事、売買、譲渡、譲受、製造までを規制した法律です。
 初犯であると執行猶予付きの判決となる可能性が高いが、非常に再犯率の高い犯罪で、犯行形態によっては無期懲役と、重い罰則となる事もあります。

 Aのような、自分で使用する目的で所持していたといった、覚せい剤の単純な所持事件であれば、警察官の職務質問、所持品検査から発覚し、その場で覚せい剤であることを確かめて、現行犯逮捕されるケースがほとんどですが、最近では警察官の行き過ぎた、所持品検査が問題となっているケースもめずらしくありません。

 あいち刑事事件総合法律事務所の経験豊富な弁護士は、依頼主から相談を受けると、迅速に対応し、職務質問で覚せい剤が発見されてから、覚せい剤の試薬検査、現行逮捕されて警察署に連行されるまで、警察官に取り扱いに、違法がなかったのかを早期に検証することによって、逮捕された方が、一日でも早く社会復帰できるお手伝いをいたします。

 家族、知人が覚せい剤を持っていて警察に逮捕されたが、どうやって助けてあげればいいのかわからない、とお悩みの方は刑事事件を専門に扱い、刑事事件に強い弁護士が揃う、あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

 初回無料相談を実施しています。