覚せい剤取締法違反事件に強い弁護士 刑事事件に強い弁護士

2015-12-31

覚せい剤取締法違反事件に強い弁護士 刑事事件に強い弁護士

大阪市港区に住むAは、大阪ミナミで路上の売人から覚せい剤を少量買い、歩道上を歩いていると、大阪府南警察署の警察官から声を掛けられ職務質問を受けた。所持品検査の結果、先ほど購入した覚せい剤が見つかり、簡易鑑定の後、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された。

南警察署は、日本で有名な繁華街ミナミを受け持つ警察署で、大小様々な犯罪が常に発生しています。繁華街だけあり、薬物の売買も盛んで、路地裏の営業していないように見える店舗などでは、ひっそりと覚醒剤が販売されていると聞きます。

その繁華街を受け持つ警察署の警察官も、覚せい剤常習者の活動について詳しい者が多く、彼らに対する職務質問についても長けている者が多数いるらしいです。

また、歩く姿や仕草を見ただけで、覚せい剤を使用している者かどうか判別できる恐ろしいほどの能力を持った警察官も多数おり、覚せい剤所持者や使用者を検挙する専門の係も存在するようです。

その係で勤務する警察官は、私服で勤務しており(やはり、制服だとすぐにバレますよね)、ミナミの繁華街に溶け込んでおり、普通に歩いていると決して警察官とはわからないみたいです。

覚せい剤取締法違反を含む刑事事件に強い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、依頼を受ければ、迅速に駆けつけ依頼者の要望を聞き取り、事件に応じた解決方法を提示していきます。

覚せい剤取締法違反で逮捕された、若しくは逮捕されるかもしれないなどでお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。