窃盗事件で示談交渉に強い弁護士 刑事事件に強い弁護士

2015-12-29

窃盗事件で示談交渉に強い弁護士 刑事事件に強い弁護士

京都府田辺市に住むAは、元バイト先の会計事務所に夜間に忍び込み、金品等を窃取し、後日窃盗の罪で京都府警田辺警察署逮捕された。

逮捕されたAとしては、罪を償い被害者に対して誠意を尽くして謝罪と賠償をしていくことによって、罪が少しでも軽くなる可能性がでてきます。

被害者側としても、きちんとした形で弁償をして欲しい、そして謝ってほしいと望むのが通常であり、それにより許してあげてもよいと思うこともあるでしょう。

これを当事者同士で行えばどうなるでしょうか。
被疑者としてはきちんと謝罪と弁償をしようとしているにも関わらず、被害者側が感情的になり示談交渉がまとまらない、被害者が法外な要求をしてくる、そもそも示談交渉に応じてくれない、などといった弊害が発生しがちです。
そうなると、時間だけが過ぎていき、被疑者としての誠意が認められなくなる可能性があります。

示談交渉に強い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、弁護を引き受けた段階から、両当事者に素早くコンタクトを取り、迅速的確に示談による解決に向けて全力を尽くします。

刑事事件において示談による解決をお望みの方は、示談交渉に素早く対応できる、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談も随時実施しています。