放火罪による逮捕に対応できる弁護士 刑事事件に信頼の厚い弁護士

2016-01-10

放火罪による逮捕に対応できる弁護士 刑事事件に信頼の厚い弁護士

大阪府岸和田市に住むAは、長年勤めていた会社を突然リストラされ、途方に暮れむしゃくしゃしたことから、やけになり新聞紙にライターで火をつけて建物内に投げ入れた。その火は建物内壁を焼損したことから、後日Aは大阪府岸和田警察署に現住建造物等放火の罪で逮捕された。

岸和田警察署は、大阪府の南方に位置し、岸和田市全域を管内に持つ。岸和田市の東には大小の山がそびえ立ち、その中には駐在所も数か所存在する。
管内は全体的にのどかなのですが、そこに住む人々は「血が熱い」ことで有名です。というのも、岸和田を代表する毎年の恒例イベントである「だんじり祭り」が毎年行われているからです。

だんじり祭りは毎年9月に行われ、毎年約50万人もの観光客が訪れる一大イベントです。
岸和田の人にとっては、年に一度の祭りであり、一年間そのために準備をしている人も多数いることで有名です。

だんじり祭りの見せ場の一つに挙げられるのは、だんじりの「やりまわし」ではないでしょうか。だんじりが勢いよく走りながら直角にカーブする所は観る人を圧倒します。
そこには怪我がつきもので、毎年のように怪我人も出てるし、中には死亡者もでるみたいです。
そこでの警備にあたる警察官にとってもその重要性は高く、見物客との接触やそれによる負傷を絶対に防ぐために、事前に綿密な警備計画をしているほどです。

刑事事件に信頼の厚い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、依頼者及び関係者・家族との連絡を密に行い、情報を的確に把握し、依頼者のためになる弁護活動を実践していきます。
岸和田市において現住建造物等放火の罪で逮捕されたなどでお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(岸和田警察署の初回接見費用:3万9600円)