車上ねらい(窃盗)による逮捕 刑事事件弁護に強い弁護士

2016-02-17

車上ねらいによる逮捕 刑事事件弁護に強い弁護士

大阪府箕面市に住むAは、深夜0時過ぎ、幹線道路から一本入った裏路地の駐車場に侵入し、駐車していた車の窓ガラスを破り、中にあったビジネスバックなどを盗んだ。
その駐車場には防犯カメラが設置されており、後日、記録画像をもとに、Aは大阪府箕面警察署によって車上ねらい(窃盗)の罪で逮捕された。

車上ねらいと言えば、駐車場のいたるところで「車上ねらい注意」といった看板をよく見かけると思います。
街頭犯罪の中でも、「ひったくり」と同じくらい重要な犯罪です。
警察・自治体もその対策に追われており、駐車場の管理者に対して啓蒙活動を行い、防犯カメラやセンサーライトを設置してもらったり、自動車の所有者に対しても、自動車盗難警報機の取り付けや、車の中には金品を決して放置しないなどの広報を行っています。

しかし、車上ねらいを敢行する人もプロなので、ドライバー1本あれば、30秒で車の窓ガラスを割り、中のものを窃取することができます。
最近では、車に乗りながら獲物を探し、30秒で車上ねらいを敢行し、すぐに車に乗って逃げるといった荒業もあるため、警察官が現場臨場するときには既にもぬけの殻といった状態ばかりらしいです。
ですので、警察もなかなか検挙するのが難しいようです。

車の中に盗るものがなければ犯行することはないだろうということで、警察としては、車内になにも放置しないという対策を周知徹底させようと必死になっています。

車上ねらいなどの窃盗事件を含む刑事事件の取り扱いに優れた成果を残している、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、迅速な対応を心掛け、依頼者様の負担をできるだけ軽減し、納得のできる解決を常に目指していいます。
大阪府箕面市で車上ねらいによって逮捕された、または窃盗などの刑事事件弁護に長けた弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(大阪府箕面警察署の初回接見費用:3万8700円)