条例違反事件による逮捕に強い弁護士 刑事事件に強い弁護士

2016-01-04

条例違反事件による逮捕に強い弁護士 刑事事件に強い弁護士

大阪府高槻市に住むAは、車で通行中、大阪府吹田警察署の検問を受け、車内に置いていた護身用の木刀が見つかり、大阪府安全なまちづくり条例違反逮捕された。

車には色々な物が積まれています。車の手入れ用品や修理道具、キャンプ用品など様々です。しかし、人によっては、ゴルフクラブや竹刀、木刀なども居れている人も多いのではないでしょうか。

ゴルフクラブなんて、日頃ゴルフ練習場に行く人にとっては常に入れているものとして当然でしょう。しかし、竹刀や木刀はどうでしょう。剣道をする人にとっては、日頃素振りをするのに必要かもしれません。木刀も然りです。

社会通念上正当な理由があると認められる場合はその携帯を許されるのですが、その携帯が「護身用」というのであれば、正当な理由とはならないでしょう。

職務質問に当たる警察官も、車のどういう場所に危険物などを隠匿しやすいかを熟知しているので、車に対する捜査もかなり手慣れたものです。
しかし、数名もの警察官が一斉に車内捜索をされても、当の本人の目の届かない場所や、、許可を得てないにもかかわらず車内の色々なところを捜索されるのは、いくら職務質問といえども、その限度を超えていると言わざるを得ません。

条例違反による逮捕や職務質問による取り扱い対応に強い弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の事件まで。
迅速的確なアドバイスを行い、少しでも負担を軽くし、解決に導きます。
初回無料相談を随時実施しています。