Archive for the ‘人身・死亡事故’ Category

【交通事故で逮捕】大阪の刑事事件 無免許運転による危険運転事件で執行猶予の弁護士

2016-05-29

【交通事故で逮捕】大阪の刑事事件 無免許運転による危険運転事件で執行猶予の弁護士

大阪府池田市在住のAさん(40代男性)は、休日に少量の飲酒をした状態で自動車を運転して、横断歩道を歩行中の老人に接触してしまいました。
被害者の老人は、転倒して腕部に怪我をしたところ、Aさんは、危険運転致傷罪の疑いで、大阪府警池田警察署に逮捕され、取調べを受けることになりました。
Aさんは、免停中で無免許運転にも当たるため、刑罰が重くなることを不安に思ったAさんは、刑事事件に強い弁護士に、相談のために池田警察署まで接見(面会)に来てもらうことを依頼しました。
(フィクションです)

危険運転致傷罪等の「無免許運転による加重」とは】

危険運転や、過失運転などにより、人を死傷させた場合には、「自動車運転死傷行為処罰法」違反に当たるとして、刑事処罰を受けます。
さらには、事件当時にその者が無免許であった場合には、法定刑が加重されるとする条文規定があり、刑罰が重くなります。

・無免許運転により加重される法定刑
危険運転致傷罪 「15年以下の懲役」
  →無免許運転により、「6月以上の有期懲役」に加重
準酩酊等運転致傷罪と病気運転致傷罪 「12年以下の懲役」
  →無免許運転により、「15年以下の懲役」に加重
準酩酊等運転致死罪と病気運転致死罪 「15年以下の懲役」
  →無免許運転により、「6月以上の有期懲役」に加重
過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪 「12年以下の懲役」
  →無免許運転により、「15年以下の懲役」に加重
過失運転致死傷罪 「7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金」
  →無免許運転により、「10年以下の懲役」に加重

危険運転による事故等の当時に、同時に無免許であることにより、その被疑者・被告人の責任の悪質性が大きく認定され、重く処罰されることになります。

無免許運転による危険運転事件で刑事弁護の依頼を受けた弁護士は、事故当時の状況が危険運転の態様には当たらないとする事情や、無免許で運転してしまったやむを得ない事情などを主張・立証していくことで、執行猶予付きの判決や、刑罰の減軽を目指します。

大阪府池田市無免許運転事件でお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。

ストーカー規制法違反での逮捕で頼れる弁護士 刑事事件の経験豊富な弁護士

2016-03-11

ストーカー規制法違反での逮捕で頼れる弁護士 刑事事件の経験豊富な弁護士

兵庫県伊丹市に住むAは、かねてから好意を寄せていた被害女性に何度もメールを送ったり、電話をかけたりしていた。このことで、警察から何度か警告を受けていたのだが、Aは気にも留めずにいた。
後日、Aは、兵庫県伊丹警察署から、ストーカー規制法違反で、逮捕された。

ストーカー規制法違反は、一般的に8つの行為を「つきまとい等」と規定し、これを繰り返すことを「ストーカー行為」と定めています。
8つの行為とは、「つきまとい・待ち伏せ・押しかけ」「監視していることを告げる」「面会・交際の要求」「乱暴な言動」「無言電話・連続した電話・ファクシミリ」「汚物などの送付」「名誉を傷つける」「性的羞恥心を侵害する」をいいます。

被害女性からしたら、何としても「つきまとい等」をやめてもらおうと必死になるが、どこに訴えたらよいか分からない場合も多いと聞きます。
そのため、精神的に病んでしまい、病院に通うひともいるくらいです。

ストーカー規制法違反で逮捕された場合、まずは、被害者の方と速やかに示談交渉に入ることが肝要です。しかし、このような犯罪の場合は、被害者が話し合いに応じてくれないといったことがよくありますので、第三者として弁護士が示談交渉にあたるのがスムーズに行きます。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、どのような事件に対しても、ベストの弁護士が常にベストの解決策を提案し、依頼者が納得していただける結果を得られるように、全力で取り組みます。
兵庫県伊丹市ストーカー規制法違反逮捕された、また、示談交渉などスムーズに動いてくれる弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(兵庫県伊丹警察署の初回接見費用:3万8300円)

ひき逃げによる逮捕事件解決に実績のある弁護士 交通事案取扱いに定評のある弁護士

2016-03-05

ひき逃げによる逮捕事件解決に実績のある弁護士 交通事案取扱いに定評のある弁護士

大阪府泉佐野市に住むAは、自家用車を運転中、交差点から出てきた被害者に気付かずに轢いてしまった。Aは気が動転しそのまま逃げてしまった。事件を捜査した大阪府泉佐野警察署は、付近の防犯カメラからAを割り出し、Aは道路交通法違反の罪で逮捕された。

ひき逃げは、人に対する交通事故を発生させた後、けが人の救護をせずに事故現場から立ち去った場合をいいます。
ひき逃げという言葉はないのですが、道路交通法上の救護義務違反にあたります。
また、交通事故を起こして相手に傷害を負わせているので、自動車運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律の中の、過失運転致死傷罪も成立します。

やはり、被害者がいる犯罪なので、処分を軽くしてもらうためには、早期に示談交渉に入ることが重要です。
ひき逃げなどの人身事故の場合、保険会社が示談交渉を代行することもありますが、どうしても遅れがちです。
刑事処分として、少しでも処分を軽くしてもらうためには、弁護士が介入して早期に相手と話し合いを行い、示談交渉を進めることが大事です。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、交通事件や刑事事件において、経験豊かな弁護士を擁しており、スピーディーかつスムーズな示談交渉を行い、依頼者の要望にお応えします。
大阪府泉佐野市ひき逃げ逮捕された、または示談交渉に優れた実績を持つ弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(大阪府泉佐野警察署の初回接見費用:4万円)

飲酒運転による逮捕で頼れる弁護士 道路交通法違反に強い弁護士

2016-03-03

飲酒運転による逮捕で頼れる弁護士 道路交通法違反に強い弁護士

兵庫県三田市に住むAは、友人とゴルフの帰りに居酒屋で飲酒をした。その後Aはそのまま飲酒運転したのだが、Aの車が蛇行運転しているのを不審に思ったパトカーがAの車を停車させ職務質問をした。その後、呼気検査を受け、一定以上の数値がでたことから、Aは兵庫県三田警察署により道路交通法違反により逮捕された。

飲酒運転は非常に恐ろしいと言われます。飲んだ自分では大丈夫と思っていても、案外感覚は鈍ると言われています。
集中力や、危険を察知する力が飲酒により衰えると、ブレーキを踏むタイミングが遅れ、最悪の場合、人身事故を起こしてしまう可能性もあります。
飲酒により人身事故を起こしてしまうと、後悔しても後悔しきれません。
「少しくらい大丈夫」といった軽い考えが大きな事故を引き起こしている現状を考えて、警察としても飲酒運転取締強化をしているところです。

最近のニュースでは、コンビニに酒を買いに来て車を駐車させようとしたところ、運転を誤ってコンビニの入り口近くに車を衝突させたといったものがあります。
ニュースによると、すでに酒酔い状態であったと聞きます。
非常に呆れた話です。

飲酒運転を含め交通事件にも幅広い知識を持ち合わせた弁護士をそろえた、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、例えば飲酒による事故などの場合でも、早期に示談交渉に取り組むなど、素早い対応を心掛けてます。
兵庫県三田市で道路交通法違反で逮捕された、または飲酒運転に強い弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無償相談を随時実施しています。

 

 

京都の刑事事件で逮捕 バイク飲酒運転事件で初犯不起訴に強い弁護士

2016-02-01

京都の刑事事件で逮捕 バイク飲酒運転事件で初犯不起訴に強い弁護士

京都府亀岡市在住のAさん(40代女性)は、友人との会合の帰りに、バイクを運転していたところ、京都府警亀岡警察署の警察官による飲酒検問に引っかかり、呼気検査の結果、酒気帯び運転に当たると通告されました。
後日に、亀岡警察署での取調べがあると言われたAさんは、刑事事件に強い弁護士に取調べ対応について相談することにしました。
(フィクションです)

【酒気帯び運転・酒酔い運転とされる判断基準とは】

飲酒して車等を運転した場合には、道路交通法違反として、酒気帯び運転または酒酔い運転の罪に問われます。
酒気帯び運転の法定刑は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金となります。
酒酔い運転の法定刑は、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

酒気帯び運転とされる判断基準
血液検査や呼気検査の結果、「血液1mlにつき0.3mg又は呼気1lにつき0.15mg」(道路交通法施行令44条の3)のアルコールを身体に保有している場合に、酒気帯び運転として処罰されます。

・酒酔い運転とされる判断基準
「アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態」(道路交通法117条の2第1条)で運転をした場合に、酒酔い運転として、より重く処罰されます。
具体的には、酒酔い運転の罪に問われている当人の身体感覚・判断能力・認知能力が正常に働いているかどうかによって、総合的に判断されることになります。

酒気帯び運転・酒酔い運転事件で刑事弁護依頼を受けた弁護士は、まずは、初犯である事情や本人の反省、再犯の可能性が低いことなどを検察官に働きかけることで、不起訴処分や起訴猶予の獲得を目指します。
そして、仮に起訴されてしまった場合にあっても、弁護士の方から、当日の飲酒運転の具体的状況などを、客観的な証拠とともに主張・立証することで、無罪判決や量刑の軽減に向けて尽力いたします。

京都府亀岡市のバイク飲酒運転事件でお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。

大阪の刑事事件 酒気帯び運転事件で不起訴働きかけの弁護士

2016-01-06

大阪の刑事事件 酒気帯び運転事件で不起訴働きかけの弁護士

大阪府豊中市在住のAさん(50代男性)は、会社の親睦会の帰りに自宅まで自動車を運転していたところ、大阪府警豊中南警察署の警察官による自動車検問に引っかかりました。
Aさんは、親睦会の席で少しビールを飲んだだけなので大丈夫だと思っていましたが、検問での呼気検査で既定の値を上回り、酒気帯び運転として書類送検されてしまいました。
豊中南警察署での事情聴取の呼び出しを受けたAさんは、どうにか事件を不起訴にすることはできないかと、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

【飲酒運転での呼気検査とは】
一般に、自動車の飲酒検問では、まず警察官の嗅覚によって飲酒の疑いがあるかを確認し、もし飲酒の疑いがあると判断された場合には、アルコール呼気検査が実施されます。

・道路交通法 67条3項
「車両等に乗車し、又は乗車しようとしている者が第六十五条第一項の規定に違反して車両等を運転するおそれがあると認められるときは、警察官は、次項の規定による措置に関し、その者が身体に保有しているアルコールの程度について調査するため、政令で定めるところにより、その者の呼気の検査をすることができる」

アルコール呼気検査の多くは、検査される者が風船を膨らませ、その呼気を検知管に通過させ、検知管内の試薬の着色を見て判断されます。
呼気検査の結果、「呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15ml以上」であれば、酒気帯び運転であるとして処罰の対象となります。
酒気帯び運転の法定刑は、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」となります。

さらに飲酒の程度が重く、「アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態」である場合には、酒酔い運転による処罰の対象となります。
酒酔い運転の法定刑は、「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」となります。

酒気帯び運転事件の弁護依頼を受けた弁護士は、依頼者に有利な事情を主張することで、起訴猶予による不起訴処分や減刑を目指します。
具体的には、弁護士が、交通違反の態様・経緯や動機・回数や頻度・前科前歴などを精査した上で、依頼者の酌むべき事情を主張し、飲酒運転を繰り返す可能性が低いことや罰するに値しないことなどを裁判官や検察官に認めてもらうように尽力いたします。

酒気帯び事件でお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。

飲酒運転による逮捕に強い弁護士 交通違反に絡む逮捕に強い弁護士

2016-01-01

飲酒運転による逮捕に強い弁護士 交通違反に絡む逮捕に強い弁護士

兵庫県西宮市に住むAは、飲酒の上帰宅途中、兵庫県尼崎東警察署の交通飲酒検問に出くわし、飲酒検知を受け、その場で飲酒運転の罪で逮捕された。

Aは仕事終わりに同僚と飲みに誘われた。Aは普段車で通勤していたが、飲んだ後は電車で帰ろうと決め同僚と会社近くの居酒屋に行った。話が弾みいざ帰ろうとしたところ、終電間に合わないことに気付き、あまり酔ってないから大丈夫との思いから車に乗って帰ったのであった。

飲酒検問に従事する警察官もプロです。遠くから運転手の反応を見ただけで、すぐに飲酒しているか分かる警察官もいるみたいです。

「お急ぎのところすみません。飲酒検問をしています。ご協力をお願いします。」
と言いながらも運転手の反応を見て、呼気を確認し、異常の有無を確認します。それと並行して、車内を懐中電灯で照らし、運転手の顔の表情や車内の異常の有無を確認します。

ある人は予備検知器を使ったり、ある人は呼気を直接確認しアルコールの有無を確かめたりします。

警察官が異常を確認し、呼気から酒臭を確認した場合は、車から降りるように命じ、警察車両で具体的な酒量を測定します。よく見られる、風船を膨らませるアレです。

逮捕された場合、警察署での殺伐のした状況の中、取調べや写真撮影など、目まぐるしく時間が過ぎてしまい、どのようにしてよいのかわからなくなる人も多いと聞きます。
取調べの警察官に言われるがままに応じてしまうのでないのでしょうか。
逮捕されたとはいえ、自分の権利はきちんと守っていかなければいけません。

飲酒運転により逮捕された場合や、その他交通違反により逮捕された場合、交通違反に関して取り扱い実績の多い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にお問い合わせください。
迅速に対応し、事件の早期解決に向けて全力を尽くします。
飲酒運転による逮捕に強い弁護士、交通違反に絡む逮捕に強い弁護士をご要望の方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談も随時実施しています。

当て逃げ・ひき逃げ事件に強い弁護士 交通事件に強い弁護士

2015-12-22

当て逃げ・ひき逃げ事件に強い弁護士 交通事件に強い弁護士

兵庫県尼崎市に居住のAは、車で川西市内の路上を通行中に徒歩通行中のVと接触し、警察に届け出ることなく、Vの救助をすることなく立ち去った。その後、兵庫県川西警察署かkouされた。

交通事故を起こした際は、すぐに警察に届け出ないといけません。
相手から車のナンバープレートを覚えられている場合は、すぐに警察から手配され、所有者情報から住所が知られてしまいます。

また、事故を起こした場合、現場に少しでも証拠になるような物を残した場合は、交通捜査を専門にする捜査員により、所有者を判明させます。

現場は証拠の宝と言われます。彼らは、路上に散らばっているあらゆるものを、這いつくばって一つ残さず集めます。車のヘッドライトのカバーの破片や、塗膜片、車体の一部など、警察には一般に販売されているありとあらゆる車に関する情報及び部品があり、それを見極めるプロがいます。

現場に少しでも証拠になるようなものがあれば、たちまちに捜査員の手により、包囲網が広がってしまいます。

交通事件に強い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、そのような事件にすぐに対応し、取調べ対応をはじめ、逮捕された場合の家族対応まで、皆さんに寄り添い全力でケアしていきます。

ひき逃げ・当て逃げをはじめとする交通事故に関する相談は、交通事故に強い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談も行っています。

大阪の刑事事件 ひき逃げ冤罪事件で無罪判決の弁護士

2015-11-25

大阪の刑事事件 ひき逃げ冤罪事件で無罪判決の弁護士

大阪市鶴見区にあるAさん(40代女性)の自宅に、あるとき突然、大阪府警鶴見警察署の警察官が来て、ひき逃げ事件の逮捕状を示し、Aさんは逮捕されてしまいました。
鶴見警察署によると、先日起きたひき逃げ事件で防犯カメラに映っていた自動車の車種が、事件現場近くの会社に勤めるAさんの自動車と一致したとのことです。
しかし、Aさんは、事件の日に自動車を運転していた覚えが無く、誤認逮捕であると確信するに至りました。
そこで、Aさんは、刑事事件に強い弁護士に依頼して、Aさんの冤罪を晴らしてもらうことにしました。
(フィクションです)

【冤罪と誤認逮捕】
冤罪とは、無実であるのに犯罪者として扱われることをいいます。
刑事事件における冤罪については、警察官による犯人逮捕の際に、被害者や目撃者の証言を重視して捜査されることから、被害者らが犯人を見間違える、勘違いする等の事情が介在して、冤罪逮捕(誤認逮捕)されるケースが考えられます。

通常の逮捕手続きにおいては、警察官は必ず、容疑となる事実を記載した逮捕状を、逮捕される者に対して示さなければなりません。
逮捕される者は、逮捕状が示された時点で、自分がどのような容疑にかけられているかを知ることができます。
もし、逮捕状記載の被疑事実について身に覚えがなく、誤認逮捕であったならば、できるだけ速やかに、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
逮捕されている警察署まで弁護士に接見(面会)に来るよう依頼して、冤罪である旨と事件の具体的状況を伝えることにより、弁護士は、今後の事件の見通しや取調べ対応を検討して、迅速な身柄解放、適切な無実主張のための働きかけを行うことができます。

誤認逮捕事件では、疑いを晴らすために、弁護士を通じて独自の捜査を行い、目撃者の証言やその他の客観的証拠を積み上げ、被害者の証言が信用性に欠けることを説得的に主張することが肝心です。

ひき逃げ冤罪事件逮捕されてお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。

大阪の少年事件 危険ドラッグ使用事件で取調べ対応に強い弁護士

2015-11-07

大阪の少年事件 危険ドラッグ使用事件で取調べ対応に強い弁護士

大阪市此花区在住のAさん(19歳男性)は、友人の勧めで危険ドラッグを所持・使用していたところ、その勧めた友人が、危険ドラッグの所持による医薬品医療機器法違反の容疑で、大阪府警此花警察署に逮捕されたという噂を聞きました。
自分も同様に、警察の捜査で逮捕されるのではないかと不安に思ったAさんは、刑事事件・少年事件に強い弁護士に、今後の対応を相談することにしました。
(フィクションです)

【警察による犯罪捜査活動のきっかけ】
警察などの捜査機関が、犯罪の捜査活動を始めるきっかけとなる事情として、通報、被害届、告訴、告発、自首、検視、職務質問、所持品検査などが挙げられます。

通報とは、110番に電話するなどして、犯罪事実の発生を警察に伝えることをいいます。
被害届とは、犯罪に巻き込まれたことによる被害状況を警察に申告する書類です。

告訴とは、犯罪の被害者など告訴する権利を有する者が、捜査機関に対して犯罪事実を申告し、その捜査と訴追を求める意思表示をいいます。
告発とは、被害者などの告訴権者でない第三者が、捜査機関に対して犯罪事実を申告し、その捜査と訴追を求める意思表示をいいます。
告訴・告発は、正式に受理されれば捜査機関による捜査の開始が義務付けられることになりますが、被害届に比べて、受理されるためのハードルは高くなっています。

自首とは、犯罪を起こした者が、そのことが発覚する前に、捜査機関に対して自己の犯罪事実を申告することをいいます。
検視とは、変死の疑いのある遺体の状態や周囲の状況を検分し、犯罪性の有無を確かめる処分をいいます。

職務質問とは、警察官が、挙動不審な行動等により何らかの犯罪を犯した疑いのある者等を停止させて、質問することです。
職務質問の際には、警察官によって、質問される者の所持品検査が行われる場合があります。

自分が犯罪に当たるかもしれない行為をしたという心当たりのある方は、一度、弁護士にご相談いただければ、その行為が犯罪に当たるのか否か、あるいは、その行為に対して警察がどう動くのかについて、刑事事件の経験豊富な弁護士より、法的なアドバイスをさせていただきます。
危険ドラッグ使用事件で警察の取り調べでお困りの方は、刑事事件・少年事件を専門に扱っている、あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。

« Older Entries Newer Entries »