大阪の刑事事件 暴行事件の逮捕に強い弁護士

2015-10-29

大阪の刑事事件 暴行事件の逮捕に強い弁護士

Aは、大阪府高槻市の高槻市駅にて、通行人Bと口論になりBに暴行を加えましたが、傷害には至りませんでした。
Aはその場から逃げたため、Bが大阪府警高槻警察署に被害届を出し、大阪府警高槻警察署の警察官はAに対し、任意同行を求めました。
Aは、逮捕されるのではないかと不安になり、弁護士事務所弁護士に相談に行きました。
(フィクションです)

[罰則]
刑法第208条 2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料

Bは、大阪府警高槻警察署に被害届を出したことにより、大阪府警高槻警察署の警察官が捜査を開始し、被疑者がAであると目星がついたため、Aに任意同行を求めていると考えられます。
しかし、任意同行を求めるということは、一概にはいえませんが、逮捕の必要性がそれほど高くないことを意味するものと考えられます。
ただし、場合によっては逮捕される可能性も否定できませんので、やはり逮捕された場合を想定し事前に準備しておくことが望ましいといえます。

仮に、Aが大阪府警高槻警察署の警察官により逮捕された場合、最大で23日間の身体拘束を受ける可能性があります。
そうすると、Aが会社員であったような場合、その間は会社に出社することができなくなります。
それだけの期間、会社に出社しないということになると、Aは会社に事実を伝えなければ解雇される可能性もあり、いずれにしてもAが警察に逮捕されたということを会社に伝えなければならなくなります。
会社の規則などによっては、警察に逮捕されることで解雇理由となることはないとはいえません。

ですので、Aとしては、警察官になるべく逮捕されることのないように活動をしていく必要があります。
具体的には、被害者であるBとの示談交渉をすることが考えられます。
今回の事件は、Bの被害届から始まっているので、示談交渉をし、Bに被害届を取り下げてもらうことで、Aの逮捕の必要性が減少します。
しかし、示談交渉は、法律の専門家である弁護士に依頼することで円滑かつ効率的な活動を期待できますので、大阪の暴行事件で逮捕されることを回避したいという方は、あいち刑事事件総合法律事務所の逮捕に強い弁護士にご相談ください。
弊社では、刑事事件を専門に扱っており、示談交渉も数多く行っていますので、迅速な対応が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。