滋賀の刑事事件 詐欺事件で逮捕に強い弁護士

2015-12-02

滋賀の刑事事件 振り込め詐欺事件で逮捕に強い弁護士

振り込め詐欺の架電役をしていたAは、詐欺罪の嫌疑で滋賀県大津警察署に逮捕された。
Aの妻Bは、警察からの連絡で、Aが逮捕されたことを知った。
BはAが勾留されることを防ぐため、刑事事件に強い弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

逮捕とは、犯罪捜査の一環として行われる被疑者の身柄拘束のうち、最初期に位置する、短期間の身柄拘束のことをいいます。
逮捕は、警察に48時間以内、検察24時間以内、合計して72時間以内という限られた時間のみ認められるものです。
警察又は検察は72時間以内に、被疑者を勾留するか、釈放等するかを決定しなければなりません。

すなわち、逮捕後の72時間は、被疑者にとって、勾留されるか否かという点で、極めて重要な時間であるといえます。
しかし、逮捕という異常事態において、被疑者のみでは有効な弁護活動を行うことは極めて困難です。
また、逮捕中は弁護士以外の者が接見を行うことはままならず、他者からの協力を得ることは不可能です。
加えて、逮捕段階では、国選弁護人を選任することもできません。

取調べの過程においては、警察官により不当な取調べがなされ、被疑者に不利な調書を作成されてしまうおそもあります。
その点でも、逮捕段階は被疑者の防御上重要な位置を占めています。
しかし、警察にとって口うるさい私選弁護人が付いていること自体が、違法捜査に対する抑止力なります。
また、実際に違法捜査が行われたとしても、弁護士が裁判上有効な証拠を取り揃えることで、公訴提起事態を阻止し、又は公判を優位に進めることができる可能性が高まります。

そこで、刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士が、逮捕された方の私選弁護士として、弁護活動を展開することで、勾留される可能性を減少させ、又は違法捜査に対して適切に対応することができます。
もしも、ご家族の方が振り込め詐欺で警察に逮捕された等というご事情が御有りならば、可能な限り早めに刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所に、お気軽にお問い合わせください。