【お客様の声】死体遺棄事件で逮捕 保護観察を獲得

2021-07-19

◇事件概要◇

妊娠したことを周囲に隠していた少女は、自宅で出産した嬰児の遺体を、部屋の押し入れ内に遺棄した死体遺棄事件。
少女は、出産後に体調をくずし病院で診察を受けたのですが、そこで医師にそれまでの経緯を告白したことから、警察に逮捕されてしまいました。

◇事件経過と弁護活動◇

少女の体調を非常に心配していたお母様からのご依頼を受けて、弊所の少年事件の刑事弁護活動の経験豊富な弁護士が、少女の弁護活動を開始しました。
当初、お母様は出産直後に逮捕された少女の体調をとても心配しており、少女の早期釈放を望んでおられましたが、すでに少女には勾留が決定していました。
そのため弁護士はすぐに少女の身体拘束を解くために勾留決定に対する準抗告を行いましたが、弁護人の申し立ては退けられ、最終的に20日もの間、少女は勾留されてしまいました。
この勾留の期間中、弁護士はほぼ毎日のように警察署に赴いて少女に接見し、少女から、取調べの進捗状況を聞いてアドバイスをするのは当然のこと、処女が医師の診察を受けさせてもらえているのかを確認するなどして、少女の体調には、特に気にかけるように心掛けました。
そして勾留満期と共に家庭裁判所に送致された少女は、観護措置が決定して少年鑑別所に収監されることとなったのですが、少女が少年鑑別所に移送されてからも弁護士は頻繁に面会を繰り返し、この後に行われる少年審判に備えました。
人の命に関わる事件を起こしてしまっている少女は、当初非常に落ち込み、思い悩んで塞ぎ込んでいましたが、弁護士との面会を繰り返すうちに、次第に心を開くようになり、鑑別所に移送されてからは、亡くなった赤ちゃんに対する謝罪や、供養の言葉を口にするようになり、更にどうして事件を起こしてしまったのか、これからどうやって償っていくのか等を真剣に考えれるようにまで成長していました。
またこの間、弁護士は少女のご家族とも話し合いを繰り返し、帰宅した少女が事件に向き合って、更生の道を歩んでいけるように環境を整えました。
鑑別所に送致された当初は、鑑別所での心身鑑別次第では少年院送致を想定していた事件でしたが、逮捕から少年審判が行われるまでの間に、少女がどのように変わったのかを家庭裁判所の調査官や裁判官にも分かっていただくことができ、少女は保護観察処分となりました。

◇弁護活動を振り返って◇

長期の拘束から解かれ家族のもとに帰ることができた少女が「赤ちゃんのお墓参りをしてきちんと供養してあげたい。」と語っていたのが非常に印象に残っている事件です。
保護観察を獲得したことよりも、今回の弁護活動、付添人活動において、少女が大きく成長し、自分の起こしてしまった事件の重大性に気付き、そして何よりも命の尊さを再認識してくれたことが、本当に嬉しく思いました。