【滋賀で逮捕】単車ひったくり(窃盗、強盗致傷)事件 刑事事件で評判のいい弁護士

2016-04-18

【滋賀で逮捕】単車ひったくり(窃盗、強盗致傷)事件 刑事事件で評判のいい弁護士

滋賀県大津市在住のAさん(20代男性)は、遊ぶ金欲しさに、路上を歩いていた女性が首から提げているカバンを、Aさんのバイクで追い抜きざまに盗ろうとしたところ、被害者女性はバイクに引きずられる形で転倒し、足を骨折する傷害を負いました。
Aさんは、通報を受けた滋賀県警大津警察署の警察官により、強盗致傷罪の容疑で現行犯逮捕されました。
強盗致傷罪の法定刑が「無期又は6年以上の懲役」だと聞かされたAさんは、どうにか罪を軽くできないかと考え、刑事事件に強い弁護士に、大津警察署まで接見(面会)に来てもらうことにしました。
(フィクションです)

【ひったくり傷害事件における刑事処罰とは】

一言に「ひったくり」と言っても、様々な犯行態様があります。
加害者が単車に乗って、被害者の自転車の前かごからカバンを盗り、走り去った、というような単純な「ひったくり」の事案であれば、「窃盗罪」に当たるとして、刑事処罰を受けることが考えられます。

・刑法235条(窃盗)
「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」

他方で、加害者が単車に乗って、被害者が首から提げているカバンを盗ろうとして、被害者ごと引きずり傷害を負わせた、というような「ひったくり傷害」の事案であれば、場合によっては、「強盗致傷罪」に当たるとして、重い罪に問われることもあります。

・刑法240条(強盗致死傷)
「強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。」

ひったくり傷害による強盗致傷事件で刑事弁護の依頼を受けた弁護士は、刑事裁判における情状酌量を求めるにあたり、まずは被害者に対して、加害者の謝罪と被害弁償の意思を伝え、被害者との示談交渉を試みます。
もし、弁護士による被害者側との示談交渉の末に、加害者を許す旨の示談が成立すれば、刑事裁判において、示談成立の事情が裁判官に大きく評価され、情状酌量による刑の減軽がなされ、「執行猶予付きの懲役判決」を得られる可能性が出てくることになります。

滋賀県大津市のひったくり傷害事件でお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。

滋賀県大津市在住のAさん(20代男性)は、遊ぶ金欲しさに、路上を歩いていた女性が首から提げているカバンを、Aさんのバイクで追い抜きざまに盗ろうとしたところ、被害者女性はバイクに引きずられる形で転倒し、足を骨折する傷害を負いました。
Aさんは、通報を受けた滋賀県警大津警察署の警察官により、強盗致傷罪の容疑で現行犯逮捕されました。
強盗致傷罪の法定刑が「無期又は6年以上の懲役」だと聞かされたAさんは、どうにか罪を軽くできないかと考え、刑事事件に強い弁護士に、大津警察署まで接見(面会)に来てもらうことにしました。
(フィクションです)

【ひったくり傷害事件における刑事処罰とは】

一言に「ひったくり」と言っても、様々な犯行態様があります。
加害者が単車に乗って、被害者の自転車の前かごからカバンを盗り、走り去った、というような単純な「ひったくり」の事案であれば、「窃盗罪」に当たるとして、刑事処罰を受けることが考えられます。

・刑法235条(窃盗)
「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」

他方で、加害者が単車に乗って、被害者が首から提げているカバンを盗ろうとして、被害者ごと引きずり傷害を負わせた、というような「ひったくり傷害」の事案であれば、場合によっては、「強盗致傷罪」に当たるとして、重い罪に問われることもあります。

・刑法240条(強盗致死傷)
「強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。」

ひったくり傷害による強盗致傷事件で刑事弁護の依頼を受けた弁護士は、刑事裁判における情状酌量を求めるにあたり、まずは被害者に対して、加害者の謝罪と被害弁償の意思を伝え、被害者との示談交渉を試みます。
もし、弁護士による被害者側との示談交渉の末に、加害者を許す旨の示談が成立すれば、刑事裁判において、示談成立の事情が裁判官に大きく評価され、情状酌量による刑の減軽がなされ、「執行猶予付きの懲役判決」を得られる可能性が出てくることになります。

滋賀県大津市ひったくり事件でお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。