銃刀法違反による事件の弁護に強い弁護士 刑事事件解決に定評のある弁護士

2016-01-21

銃刀法違反による事件の弁護に強い弁護士 刑事事件解決に定評のある弁護士

大阪府泉佐野市に住むAは、仕事をクビになった腹いせに会社の社長を殺してしまおうと、家にあった日本刀を持ち出し道路を歩いていた。そこをちょうど警ら中の泉佐野警察署の警察官に見つかった。Aは警察官に対して日本刀を構え立ち向かったところで、警察官が拳銃を構えたことにより、Aは観念し、その場で、銃刀法違反及び殺人未遂の罪で逮捕された。

警察官の拳銃を使用するのを見たことがありますか。よくアメリカのテレビや映画などでは、警察官が拳銃を使用することがあり、ニュースでもよく見ると思います。しかし、日本の警察官となると、あまり使用することも少ないのではないでしょうか。
日本では、警察官の拳銃使用には、警察官職務執行法という厳しい基準があり、それが警察官の使用基準を厳しくしているという意見もあります。また、各国の犯罪自体の犯罪性向の違いもあるかもしれませんが。

では、日本の制服の警察官は拳銃の訓練を実際にはどのくらいの頻度で行っているのでしょうか。
各都道府県警察の警察学校には拳銃の射撃場があり、警察学校に入ったフレッシュな警察官はここで拳銃の訓練を受けることになります。そしてある基準に達しないと卒業すらできません。警察学校を卒業し、第一線に出た警察官はもう拳銃射撃訓練をしないかといえばそうではありません。定期的に訓練を受け、警察学校で得た技術を継続しないといけないからです。ですので、制服の警察官もただ拳銃をぶら下げているだけなのではなく、使うべきときには使える技術を持っているとのことです。

銃刀法違反で逮捕されたなどといった場合は、そのまま迷わずに、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。刑事事件を問わず、特別法に関する事件も多数解決経験を持つ弁護士が、依頼を受けるとすぐに駆けつけ、ベストな解決策をスピーディーに提案いたします。
泉佐野市で銃刀法違反で逮捕された、または刑事事件に巻き込まれたなどといった場合は、刑事事件解決に定評のある、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(泉佐野警察署の初回接見費用: 4万円)