【堺市の冤罪事件】誤認逮捕に強い 強盗事件に強い弁護士

2017-04-02

堺市冤罪事件誤認逮捕に強い 強盗事件に強い弁護士

 堺市に住む塗装工Aは、全く身に覚えのない強盗事件誤認逮捕されました。
 取調べを担当する刑事に対して犯行時のアリバイを話していますが掛け合ってもらえず勾留されてしまいました。
 Aは冤罪事件に強い弁護士に依頼しました。
 (このお話はフィクションです。)

 誤認逮捕とは、無実の人を逮捕することで、いわゆる冤罪事件です。

 警察の捜査の段階で冤罪が判明すればまだしも、中には、有罪判決が確定し、何十年も刑務所に服役した後に冤罪であることが証明されたケースもあります。
 かつては「自白は証拠の王様」という言葉があったほど、警察や検察等の捜査機関は犯人の自白に重きをおいて捜査していました。
 そのため、暴行や脅迫を用いた行き過ぎた取調べが行われていたのも事実で、その様な取調べで作成された自白の調書によって有罪となり服役された方もいます。
 しかし現在は、捜査機関での取調べの方法や、それを監督するシステムが見直されて、取調べで自白を強要される事も少なったと言われています。
 それでも、警察の取調べに脅威に感じ、冤罪事件に悩んでいる方は存在します。

 身に覚えのない事件で逮捕された、警察に呼び出されて取調べを受けているという方は至急、あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
 この様な場合は一刻も早い立ち上がりが大切です。
 刑事事件を専門に扱っているあいち刑事事件総合法律事務所弁護士は、捜査機関の手の行き届いていない範囲まで調査し、あなた様の冤罪を晴らす事をお約束します。
 
 堺市で冤罪事件にお悩みの方、誤認逮捕に強い弁護士強盗事件に強い弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
 
 初回法律相談を無料で実施しています。