大阪の刑事事件 脅迫事件の示談に定評のある弁護士

2015-08-11

大阪の刑事事件 脅迫事件の示談に定評のある弁護士

大阪府豊中市在住のXは、某有名人に対しツイッターで某有名人の子供の殺害予告を行いました。
某有名人は当初、悪戯だと思っていましたが、文面が生々しかったことから恐怖に感じて警察に被害届を提出し、それによりXは脅迫罪逮捕されました。
警察からXの妻であるYに対し、Xが逮捕された旨を伝えられ、驚いたYは弁護士事務所無料法律相談に行きました。
(フィクションです)

[罰則]
刑法第222条 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

刑法上の脅迫罪は、犯人に直接害を与えられる旨を告知された者が原則として犯罪の対象となりますが、直接害を与えられる旨を告知されなくても、その者の親族に害を与える旨を告知した場合にもついても、脅迫罪の対象となります。

ですので、今回の事案については、某有名人に対し、その子供を殺害する予告を行っていることから、これについても脅迫罪の対象となります。

今回のようなインターネットを使用した脅迫については、顔も知らない者から突然害を与えられるという告知をされるものですので、被害者の恐怖心も強く、悪質な犯罪の一類型であると考えられます。

一時的な感情により、本当は害を与えるつもりはないにもかかわらず、害を与える旨を伝えてしまい、消去したいと思ったとしてもすぐに消去できるとは限りません。

本当に害を与えるつもりのない加害者としては、一時的な感情によって行ってしまったことを被害者に謝罪したり被害を弁償したりすることで、身体拘束(逮捕・勾留)から解放してもらい、早期に解決をしたいと思ったとしても、連絡先もわからず、どうしたらよいのかわからないという方も多くいらっしゃると思います。

示談交渉は第三者に任せるのが得策です。

そこで、脅迫事件の示談交渉に定評のある弁護士がいるあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にに法律相談にお越しください。
初回の相談については、無料で行っておりますし、仕事終わりにしか時間がないという方にもできる限りの対応をさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。