奈良の刑事事件 窃盗で示談交渉に強い弁護士

2015-08-07

奈良の刑事事件 窃盗で示談交渉に強い弁護士

奈良県香芝市に住む主婦Aは、近くのスーパーにて魔が差し、1,000円相当のメロンを万引きし、店員に通報され警察に逮捕されました。
Aの夫であるBは、弁護士事務所に法律相談に行きました。
(フィクションです)

[罰則]
刑法第235条により、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金

窃盗と一言で言っても、1,000円相当のメロンを万引きすることと100万円相当の自動車を盗むということでは、話が変わってきます。
確かに、人の物を盗むという意味では、前の2つの行為は同じかもしれません。
しかし、1,000円相当の物を盗んだ者と100万円相当の物を盗んだ者が、全く同じ刑罰を受けるというのはおかしいと感じられると思います。

ただ、警察に逮捕されることとなりますと、最低でも72時間(3日間)は身体を拘束されることとなります。

やはり、今回のように主婦の方が逮捕・勾留されることで小さなお子様がいらっしゃる方も多いと思われますので、一刻も早く家に帰ることが先決だと思われる方が多いと思います。

そこで、物を盗んでしまった人は、もちろん犯罪に当たるような行為であることには変わりはないですが、盗んだ物が比較的安価な物であるときは、当該スーパーの店長さんと早期に示談交渉をし、被害弁償をすることや謝罪をすることで、早期に釈放を図ることができます。

ですので、窃盗事件でお困りの方は、示談交渉に強い弁護士がいるあいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
弊社は、刑事事件を専門に取り扱っており、初回の法律相談を無料で行っておりますので、
お気軽にお問い合わせください。