覚せい剤取締法違反に対応できる弁護士 刑事事件解決に実績を持った弁護士

2016-01-13

覚せい剤取締法違反に対応できる弁護士 刑事事件解決に実績を持った弁護士 

大阪府豊中市に住むAは、大阪府豊中警察署の交番の警察官に職務質問を受けた。その際、所持品検査で数時間前に大阪市内で買った覚醒剤のパケが見つかり、簡易鑑定の結果覚醒剤と判明し、そのまま大阪府豊中警察署に覚せい剤取締法違反の罪で逮捕された。

大阪府豊中警察署は、大阪国際空港を受け持つ警察署である。といっても大阪空港の全てを受け持っているのではなくて、半分は兵庫県伊丹市にあたるので、兵庫県伊丹警察署の管轄になる。

空港には旅行客の安全及び荷物の検査などに従事する空港警備会社の社員が主に働いているが、空港内の事案対応やその他の警備関係は豊中警察署の担当になる。

大阪国際空港に国内外の要人が来るときなどは、何週間も前からその準備に追われ、空港内外の管理者対策を行い、協力を得なければならず、大変な日々が続くらしいです。
特に要人などは、空港からの移動は高速道路を主に使うので、周辺の高速道路及びその周辺の安全確保は必須です。
高速道路を見渡せる高所による警戒も警察による仕事になるのです。

豊中警察署のその他の特徴といえば、全体的に閑静な住宅街が多いことで有名で、国立私立大学も存在し学生も多く居住している。
また服部緑地もあり、週末には多くの家族連れも訪れることで有名である。

大阪府豊中市覚せい剤取締法違反で逮捕されたなどといった場合は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までお問い合わせください。
刑事事件解決に数多くの実績を持った優秀な弁護士が、依頼者の要望を即座に聞き取り、事案解決に向けて全力を尽くします。
(大阪府豊中警察署の初回接見費用:3万7300円)