Archive for the ‘お知らせ’ Category

司法試験予備試験受験生アルバイト採用求人募集

2019-07-13

司法試験予備試験受験生アルバイト採用求人募集

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、司法試験予備試験を受験された方を対象に、札幌・仙台・さいたま・千葉・東京(新宿・八王子)・横浜・名古屋・京都・大阪・堺・神戸・福岡の各支部事務所にて、事務アルバイトの採用求人募集を行っています。論文試験受験後は、合格発表まで、次の行動を起こしづらかったり勉強に身が入りづらい時期かと思いますが、勉強及びモチベーション維持のために法律事務所でのアルバイトを検討されてみては如何でしょうか。当法律事務所のアルバイト業務は、司法試験・予備試験合格に向けて勉強やモチベーション維持をしたい方、弁護士・検察官・裁判官を目指していて刑事事件・少年事件に興味のある方にぴったりです。司法試験予備試験を受験された方で刑事事件・少年事件にご興味をお持ちの方は是非ご応募下さい。

【事務所概要】

日本では稀有な、刑事事件・少年事件のみを専門的に取り扱う全国的刑事総合法律事務所です。創立以来、刑事事件・少年事件の当事者の弁護活動に従事し、重大著名事件から市民生活に密接した事件まで、数多くの刑事事件・少年事件をほぼ全分野にわたって幅広く取り扱ってきました。
大阪支部では、最寄りの西梅田駅から徒歩5分、大阪・梅田駅からも徒歩圏内という場所に事務所を構えており、各方面からの通勤アクセスが非常に良い場所にあります。
また、大阪府には堺東駅から徒歩5分という位置に堺支部もあり、二つの支部で大阪一円をカバーしながら、隣接する京都支部、神戸支部と連携して、年間600件を超える関西圏全域の法律相談や初回接見に対応しています。
管轄範囲も広範囲となるため、扱う事件も多様であり、刑事事件・少年事件専門の弁護士による刑事弁護活動や付添人活動を間近に見ることができます。
勉強しているだけではわからない刑事弁護活動の実務を間近で見ることができますので、試験突破に向けた勉強のモチベーションにもつながります。
また、深夜早朝アルバイトであれば、電話対応などの簡単な仕事以外の時間については、ご自分の勉強などにあてていただく等、多様かつ柔軟な勤務条件を用意しているので、司法試験や予備試験受験生の皆様の勉強スタイルに合わせた勤務が可能です。
法律事務所の仕事や雰囲気を通じて社会人経験を積める環境でのアルバイトは、法曹界を目指す若い世代の方々にとって、とても有意義な時間となることは間違いありません。

【勤務地】

大阪支部   大阪駅、梅田駅から徒歩9分
堺支部    堺東駅から徒歩5分

【給与】

通常アルバイト 時給1000円〜、交通費全額支給

深夜早朝アルバイト 時給1250円〜、交通費全額支給

アルバイト採用求人情報の詳細は下記のページをご確認下さい。

アルバイト募集要項

アルバイト求人募集情報にご興味のある方はエントリー・説明会参加フォーム又は電子メール(noritakesaiyou@keiji-bengosi.com)でご応募ご質問下さい。申込確認から5日間程度のうちに当事務所採用担当者からメール又は電話でご連絡させていただきます。

司法試験・予備試験受験生アルバイト採用求人募集

2019-05-17

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、司法試験・同予備試験を受験された方を対象に、札幌・仙台・さいたま・千葉・東京(新宿・八王子)・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡の各支部事務所にて事務アルバイトの採用求人募集を行っています。司法試験・予備試験合格に向けて勉強やモチベーション維持をしたい方、弁護士・検察官・裁判官を目指していて刑事事件・少年事件に興味のある方にぴったりの法律事務所アルバイト業務です。司法試験・同予備試験を受験された方で刑事事件・少年事件にご興味をお持ちの方は是非ご応募下さい。

【大阪支部の事務所紹介】

住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地2-6-12 大阪小学館ビル7階

大阪支部は、最寄りの西梅田駅から徒歩5分以内で、大阪・梅田駅からも徒歩圏内という駅近の場所に事務所を構えており、各方面からの通勤アクセスが非常に良い場所にあります。大阪弁護士会に所属する刑事事件・少年事件の経験豊富な弁護士を中心に、隣接する京都支部、神戸支部と連携しながら、年間600件を超える関西圏全域の法律相談や初回接見に対応しており、取扱事件数も非常に豊富です。大阪支部では、法律家を目指すアルバイトを積極的に受け入れており、大学や予備校等では経験することのできない刑事事件・少年事件専門の弁護士による刑事弁護活動や付添人活動を間近に見ることができます。また、深夜早朝アルバイトであれば、電話対応などの簡単な仕事以外の時間については、ご自分の勉強などにあてていただく等、多様かつ柔軟な勤務条件を用意しているので、司法試験や予備試験受験生の皆様の勉強スタイルに合わせた勤務が可能です。法律事務所の仕事や雰囲気を通じて社会人経験を積める環境でのアルバイトは、法曹界を目指す若い世代の方々にとって、とても有意義な時間となることは間違いないでしょう。

【給与】

通常アルバイト 時給1000円〜、交通費全額支給

深夜早朝アルバイト 時給1250円〜、交通費全額支給

アルバイト採用求人情報の詳細をご覧になりたい方は下記のページをご確認下さい。

アルバイト募集要項

アルバイト求人募集情報にご興味のある方はエントリー・説明会参加フォーム又は電子メール(noritakesaiyou@keiji-bengosi.com)でご応募ご質問下さい。申込確認から5日間程度のうちに当事務所採用担当者からメール又は電話でご連絡させていただきます。

堺支部のご案内

2019-02-15

◇刑事事件に特化した弁護士がより身近に◇

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の堺支部は、南海高野線の堺東駅近くに事務所を構えています。日本では稀有な刑事事件・少年事件だけを取り扱う刑事総合法律事務所の支部として、大阪支部とともに、大阪府南部で刑事事件・少年事件でお困りの方が弁護士に相談しやすい環境を整えております。
堺市をはじめ大阪狭山市、富田林市、河南町、千早赤阪村、高石市、忠岡町、泉大津市、和泉市、河内長野市、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町など大阪府南部で刑事事件・少年事件にお困りの方は、お気軽にご相談下さい。弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所堺支部では、刑事事件・少年事件だけを専門に扱う弁護士が、初回の相談から事件解決まで親身になってサポートいたします。

◇より迅速な対応が可能に◇

刑事事件・少年事件は、民事事件や行政事件とは手続、内容、担当機関が大きく異なり、専門知識と迅速な活動が必要になります。特に、逮捕や勾留で捜査中に身体拘束を受けている場合、集中的に取調べを受けることになり、閉鎖空間に孤立した状態でいることから、ありもしない事実を述べてしまったり、心身に不調をきたしてしまったりするおそれが高くなります。そのような方には、早期に弁護士が面会して、権利や取調べ対応などについて的確なアドバイスをし、今後の手続の説明などをすることで虚偽自白や心身の安定を図る必要があります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の堺支部では、身体拘束を受けていらっしゃる方に弁護士を派遣してアドバイス等を行う初回接見サービスを実施しています。堺支部は、大阪地方裁判所及び大阪地方検察庁堺支部の目と鼻の先にあり、同庁の管轄する岸和田や泉佐野など大阪南部の警察署に弁護士を派遣することもより迅速に行えるようになっています。その他の地域についても弊所大阪支部又は堺支部の2つの支部からより時間が短い方を選んで派遣ができるようになっております。
より早期に刑事専門の弁護士と面会してアドバイスをもらうことで、早期の釈放や軽い処分となる確率は上がるため、より迅速な対応が可能となる弊所堺支部をぜひご利用ください。

【堺支部の住所・連絡先】
(住所) 〒590-0077 大阪府堺市堺区中瓦町1-1-21堺東八幸ビル2階
(最寄駅)南海高野線堺東駅より徒歩約5分
(電話) 0120-631-881(24時間365日受付)

【奈良市の刑事事件に強い弁護士】奈良公園の鹿に矢 文化財保護法違反で警察が捜査

2018-06-20

~事件~

先日、奈良公園で首に矢のようなものが刺さった鹿が発見されました。
鹿は獣医師の治療を受け一命をとりとめていますが、何とも痛ましい事件です。
文化財保護法違反で奈良県警が捜査を開始しているこの事件を、刑事事件に強い弁護士が解説します。(平成30年6月13日、朝日新聞DIGITALに掲載された記事を参考)

これまで、何度かこのブログで動物の虐待について解説してきました。
動物の虐待は、その動物の種類や、生息状況等によって適用される法律が異なるのですが、動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)違反鳥獣保護法違反器物損壊罪の何れかが適用されるのがほとんどです。

しかし、奈良公園の鹿は、国の天然記念物に指定されていることから、文化財保護法違反が適用されます。
文化財保護法では、国が指定している有形・無形の文化財、民族文化財や、遺跡、名勝地、動物、植物等の記念物、文化的景観、伝統的建造物を損壊する行為に対して罰則が設けられています。
そしてこの、文化財保護法が一部改正され、来年4月1日から罰則が強化されます。

今回の事件のように文化財保護法で指定されている国の文化財を故意的に損壊する行為に対しては「5年以下の懲役若しくは禁錮又は30万円以下の罰金」が科せられるのです。
器物損壊罪の罰則規定が「3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料」であることと比較すると厳しいことが分かります。
また器物損壊罪は、親告罪であることから、被害者等の告訴がなければ刑事罰が科せられることはありませんが、文化財保護法は非親告罪である上に、文化財の所有者に報告義務が課せられています。
そして報告義務を怠った所有者に対しては5万円以下の科料まで科せられるのです。

この様に、文化財を故意的に損壊した者だけでなく、文化財を管理する者にまで罰則を規定しているのは、文化財保護法が、文化財の保存を目的とした法律だからでしょう。

奈良県で刑事事件に強い弁護士をお探しの方、文化財保護法違反でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、奈良県の警察署に逮捕された方の初回接見を承っております。
奈良県の警察署に逮捕された方の初回接見サービスについては、フリーダイヤル0120-631-881にお問い合わせください。

【東大阪市の刑事事件】家族が逮捕されたら 初回接見に強い弁護士

2018-06-18

~事件~
「息子さんを逮捕して留置しています。」
昨夜、東大阪市に住むAさんの自宅に警察から電話がありました。
Aさんは、息子さんが、どこの警察署に逮捕されたのか、何の事件を起こして逮捕されたのかもわかりません。(フィクションです。)

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、Aさんのように、ご家族が警察に逮捕されてしまった方から、その詳細が全く分からないという内容の電話がよくあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、そのようなお客様に初回接見サービスをご利用いただいております。
今日は、その初回接見サービスをご紹介させていただきます。

~初回接見サービスとは~

初回接見サービスは、警察に逮捕、勾留された方だけでなく起訴後、控訴期間中や、少年の観護措置によって身体拘束を受けている方へ弁護士が面会するサービスです。
弁護士は「弁護人(付添人)になろうとする者」の立場で面会するので、既に国選弁護人を選任している方へも面会することができます。

~サービス内容~

初回接見サービスをご利用いただければ
・留置先や事件の内容、現在の情況を知ることができる。
・身体拘束を受けている方と意思疎通をとることができる。
・今後の弁護活動の幅が広がる。
・早期に刑事弁護人を選任することができる。
等、様々なメリットがあります。

Aさんのように、ご家族が警察に逮捕された方にご利用していただければ、今後の刑事手続きの流れや、刑事処分の見通しに至るまで、初回接見を担当した弁護士からアドバイスさせていただくことができるので、ご家族の方は、弁護士に依頼するかどうか、被害者と示談するべきか等を早期に判断することができます。
この判断が、早期の釈放や、刑事処分の軽減につながるので、初回接見サービスをご利用いただくメリットは非常に大きなものです。

また既に国選、私選を問わず、すでに刑事弁護人を選任している方も初回接見サービスをご利用いただくことができます。
特に、現在の刑事弁護人の活動に不安のある方や、弁護人の変更を検討しておられる方は、初回接見サービスをご利用いただくことをお勧めします。

東大阪市で、ご家族、ご友人が警察に逮捕された方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所初回接見サービスをご利用ください。
初回接見サービスのご予約、お問い合わせはフリーダイヤル0120-631-881で24時間、年中無休で承っております。

【枚方市の刑事事件】監禁事件に強い刑事事件専門の弁護士

2017-04-10

枚方市刑事事件大阪で刑事事件専門弁護士 監禁事件に強い弁護士

大阪府枚方市に住むホストAは、仲間のホストと共に、ホストクラブが閉店した午前6時から午後6時まで、約12時間にわたって、ホストクラブ店内に、飲食代を支払わない女性客を監禁し、未払いの飲食代を請求しました。
後日、この女性客が大阪府枚方警察署監禁罪の被害届を出したことを知ったAは、大阪監禁事件に強い刑事事件専門弁護士に相談しました。
 (この話はフィクションです。)
 
監禁とは、人の行動の自由を場所的に拘束することです。
刑法第220条には「逮捕及び監禁」として監禁罪が定められています。
監禁罪は、不法に人を監禁する事で成立します。
それでは「不法に」とは、具体的にどのような行為を言うのでしょうか。
学説的には、その手段、方法を制限しておらず、有形的方法であるのと無形的方法であるのとを問いません。
暴行、脅迫を用いる方法は当然のこと、人の羞恥心や恐怖心を利用したり、偽計によって被害者を錯誤に陥らせて監禁した場合も、監禁罪が成立します。
また、不作為による監禁事件も存在します。
例えば、被害者がオートロック式のドアから誤って倉庫内に入り、室内に閉じ込められたのを知りながら、倉庫の管理人がドアを開けなかった場合、この管理人が不作為による監禁罪に問われる可能性があります。

またAのように、犯人側に、被害者を監禁するに至ったそれなりの理由があったとしても、それだけで監禁罪の違法性が阻却されるわけではありません。
例えば、コンビニ店員が、万引きの犯人を捕まえた後、この万引き犯人を司法警察員に引き渡す意思なく、事務所で金品を要求して監禁した場合など、一見して正当な理由が認められる場合でも監禁罪が成立する事もあるのです。

監禁罪には「3月以上7年以下の懲役」の罰則規定が定められています。
過去には、少女を約9年2カ月間という長期に渡って監禁していた事件が新潟県で発覚し、世間を震撼させました。
この事件をきっかけに、「3月以上5年以下の懲役」から現在の法定刑に切り上げられたのです。
 
弁護士法人あいち刑事事件総合法律弁護士は、多くの刑事事件を専門に扱い、様々な事件の犯人から話を聞いてまいりました。
そして、様々な事件を紐解いていくと、被害者側に落ち度がある様な事件も少なくありません。
警察に被害届を出されたからといって諦めないでください。

大阪府枚方市刑事事件でお悩みの方、監禁事件に強い刑事事件専門弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
刑事事件を専門に扱ってきた実績と経験から、あなた様をサポートする事をお約束します。

初回法律相談は無料で承っております。
 

【池田市の窃盗事件】 親族相盗例に強い弁護士

2017-04-06

 

池田市窃盗事件】 親族間の窃盗事件 親族相盗例強い弁護士
~ケース~
池田市に住む無職Aは、同居する父親の書斎から現金を盗みました。
Aが盗んだ現金は、父親が友人から預かっていたもので、事実を知った友人は、大阪府池田警察署窃盗事件の被害を届け出ました。
Aは、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の、親族間の窃盗事件親族相盗例に強い弁護士に相談しました。
(このお話はフィクションです。)

1 親族相盗例
刑法235条の窃盗罪で起訴された場合、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられるおそれがあります。
しかし、刑法第244条には、親族間に関する特例として親族相盗例が定められています。
親族相盗例とは、配偶者、直系血族又は同居の親族との間で、窃盗罪不動産侵奪罪またはこれらの未遂を犯した者について、刑を免除することです。
また、上記の親族以外の親族との間で犯した前記の罪については、親告罪となります。
親族相盗例は「法は家庭に入らず」という思想に基づき設けられている特例ですので、提要されるのは、親族関係にある本人のみで、共犯者には適用されません。
ちなみに、親族とは、民法上の親族と同じで、6親等以内の血族、配偶者、3親等以内の姻族です。

2 親族関係の錯誤
親族相盗例は「一身的刑罰阻却事由」に過ぎません。
そのため、親族関係の錯誤は犯罪の成否に影響を及ぼさないという考えが一般的です。
つまりAのような「父親のお金と思って盗んだ」が、実は「父親の友人のお金だった」というように、Aが親族関係を錯誤していたとしても、窃盗罪が成立する可能性は大です。

池田市親族間の窃盗事件でお困りの方や、親族相盗例に強い弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
窃盗事件のような刑事事件は、早期に弁護士に依頼する事が、その後の処分結果に大きな影響を及ぼします。
刑事事件を専門にあつかう弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、初回の法律相談は無料となっておりますので、是非お気軽にお電話ください。

痴漢事件専門サイトを開設しました。

2015-10-28

痴漢事件専門サイトを開設しました。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件を専門に扱う法律事務所です。
この度、痴漢事件専門サイトを開設しました。

痴漢事件を起こした場合、まずどうすればいいのかぜひとも参考にしていただきたいサイトとなっております。

あいち刑事事件総合法律事務所は開設以来、数多くの痴漢事件を扱ってきました。

痴漢事件で逮捕された方
痴漢事件で早期に示談をしたい方
痴漢事件で不起訴処分になりたい方
痴漢事件で前科があるが裁判だけは避けたい方
痴漢事件を起こしたが会社に知られないようにしたい方
痴漢事件を起こしたが現在執行猶予中である方
痴漢事件で疑いをかけられているが自分はやっていないという方

痴漢事件に関してはどのような相談でも構いません。

痴漢事件で逮捕されてしまった場合は、48時間以内に検察官に送致され、24時間以内に勾留されるか釈放されるかが決まります。
この72時間が勝負となります。
また、不起訴処分を望むのであれば示談が必須となるでしょう。
当事者同士の示談は基本的には難しくなっておりますので、弁護士に示談を行ってもらうのが賢明です。

痴漢事件でお困りの方は、痴漢事件専門の弁護士かいるあいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談のお電話お待ちしております。

痴漢事件専門サイト

【お知らせ】大阪支部開業

2015-06-11

【お知らせ】大阪支部開業

この度、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は法人化に伴い、大阪支部を開業することができました。
法人化により事務所名は「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所」と変わります。

≪事務所詳細≫

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 大阪支部
〒530-0002大阪市北区曽根崎新地2-6-12大阪小学館ビル7階
最寄り駅 大阪駅徒歩8分  梅田駅徒歩9分  地下鉄西梅田駅徒歩4分
フリーダイヤル0120-631-881
電話06-6486-9080

取扱い事件:刑事事件100%(被害者側も含む)
所属弁護士:代表弁護士 則竹 理宇

事務所の特徴
1 刑事事件・少年事件に強い弁護士が一から丁寧に対応致します。
2 刑事事件・少年事件に精通した弁護士が全力で弁護活動を行います。
3 相談・接見は即日対応致します。
4 相談料は0円ですのでどなたでもご相談いただけます。
5 着手金0円~安心明瞭な料金体系となっております。お気軽に弁護士費用をご相談ください。

刑事事件でお困りの方、家族が痴漢や盗撮、窃盗などの刑事事件で逮捕された方、被害者と示談をしたい方、是非ご相談ください。
相談、初回接見その他事件のご依頼等、お電話お待ちしております。
依頼者の方のご要望に応えるべく弁護活動に取り組まさせていただきます。

【お知らせ】ホームページを公開しました

2015-05-01

ホームページを公開しました。