Archive for the ‘お知らせ’ Category

朝日新聞に星野弁護士のコメントが掲載されました

2022-09-20

◇当事務所の星野弁護士のコメントが、令和4年9月15日(木)の朝日新聞・朝日新聞デジタルで紹介されています。◇

~取材の内容~

星野弁護士が、国の事業である「利水目的のダム開発」に自治体が参加したものの、一度も水を利用していないケースが存在する問題に、朝日新聞の取材を受けました。

ダムが着工されたのは高度経済成長期終盤の1970から80年代にかけてで、当時の日本では、このまま経済が成長し続けると見込まれており、各自治体は企業進出などで工場ができ、雇用も増え、水が必要になると考えていた。そこで、国の事業である「利水目的のダム開発」に自治体が参加したのであるが、ダム事業に参加した自治体のうち、広島市など11の水道事業者が10年以上ダムの水を利用していなかったようです。
ダム建設費の負担だけでも計576億円かかっている上に、ダムの維持管理費として年間2億円かかることから、小さな自治体にとっては相当な負担がかかっているため、この事業から撤退するという手もあるだろうが、ダム事業は複数の関係者で進められていたために勝手に撤退することができないのが現状です。
このような現状に対して大半の自治体は「人口が増えると想定していた。予定通りではないが、渇水などの時に備えている。」と「予備の水源」であると説明しているが、中には「何か良いアイデアはないかと」と頭を悩ませている担当者もいるようです。

~星野弁護士のコメント~

この問題について、元会計検査院の官房審議官の星野弁護士(八王子支部所属)「10年くらい経過して実績が見込めないならば、見直しに着手するのは当然。(契約内容は社会的事情の変化に応じて変更されるという)事情変更の原則にしたがって、国に維持管理費の減免などの協議を求めるべきだ。」とコメントし、その内容が朝日新聞に掲載されています。

【三連休の即日対応可能】連休中の刑事弁護活動について

2022-09-17

本日より三連休となります。
台風の影響でお天気は良くないようですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
旅行に行くなどしてご家族と過ごしたり、お友達とお酒を飲みに行ったり、久しぶりの連休を楽しむ方も多いかと思います。
そういった方は是非、三連休をお楽しみください。

さてこのような連休中に、事件、事故に巻き込まれてしまう方もいるかと思いますが、以下はそういった不測の事態に陥った方へのご案内になります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部は、三連休中も休まず営業しており

連休中に弁護士の法律相談を受けたい
連休中に家族、友人が逮捕されてしまった

など刑事事件にお困りの方に対して即日対応しております。

法律相談を受けたい

3カ月前に近所の銀行ATMに置き忘れていた現金入りの封筒をネコババしました。
この件で、連休明けに大阪府浪速警察署に呼び出されています。
出頭まで時間がないので、連休中に弁護士相談をうけておきたいのですが、連休中も対応していますか?

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部では、連休中も休まず営業しています。
しかも連休中であっても、刑事事件に関する法律相談は、初回無料で承っておりますのでご安心ください。

警察に逮捕されてしまった

知人と酒を飲みに行った父親が帰宅しません。
近くの警察署に相談に行ったら、飲酒運転で交通事故を起こして逮捕されていることが発覚しました。
連休ですが、父に面会してくれる弁護士さんはいますか?

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部では、連休中でも警察署に、弁護士を派遣することができます。
基本的には、お電話いただいたその日のうちに弁護士を逮捕されている方のもとに派遣することができますのでご安心ください。
初回接見サービスのご案内

無料法律相談・初回接見サービスのご利用方法

連休中の、無料法律相談や初回接見サービスをご利用いただくには

フリーダイヤル 0120-631-881

でご予約いただく必要がございます。
こちらのフリーダイヤルは、24時間対応していますのでご安心ください。
なお大阪府外の方からのご予約も受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

【本日対応可能】彼氏が大阪府布施警察署に逮捕されてしまったら・・・身内以外からでも依頼できますか?

2022-08-25

【本日対応可能】彼氏が大阪府布施警察署に逮捕されてしまったら・・・身内以外からでも依頼できますか?

彼氏が大阪府布施警察署に逮捕されてしまった場合に、身内以外からでも弁護士を依頼できるかどうかについて、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部がご案内します。

参考事例

A子さんは、東大阪市内で会社員をしている彼氏と同棲しています。
その彼氏が、ある日の早朝、自宅を訪ねて来た大阪府布施警察署の捜査員に逮捕されて連行されてしまいました。
連行される際に彼氏から「弁護士を探してくれ。」と言われたA子さんは、身内以外からでも弁護活動の依頼を受けている弁護士を探しています。
(フィクションです。)

身内以外でも依頼が可能

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部が提供する 初回接見サービス は、逮捕されている方の身内以外からでも、ご依頼していただくことができます。
初回接見サービスとは、警察に逮捕される等して、身体拘束を受けている方のもとに弁護士を派遣する有料のサービスです。
初回接見には、弁護士の日当(33,000円、税込み)と、接見場所までの交通費(みなし)の費用がかかります。
接見場所によって初回接見費用が異なりますので、初回接見サービスをご希望のお客様は

フリーダイヤル 0120-631-881(24時間対応中)

までお問い合わせください。

弁護士を選任する

刑事事件を起こして警察に逮捕されると、逮捕された方は弁護士を選任することができます。
勾留(逮捕から数日後)が決定してからであれば、自分でも国選弁護人を選任することができますが、勾留が決定するまでは、自分で当番弁護士を呼ぶか、ご家族等が弁護士を派遣してあげるしかありません。
よく「どのタイミングで弁護士を付けたらいいのですか?」というご質問がありますが、逮捕された場合は、少しでも早いタイミングで弁護士を選任した方がよいでしょう。
弁護士を選任するのが早ければ早いほど、弁護活動の幅が広がり、活動の幅が広がれば早期の釈放や、刑事処分の軽減にも影響してくるからです。

本日対応可能な弁護士

このコラムをご覧の方で、本日、ご家族、ご友人等が大阪府警に逮捕されてしまった方は、本日対応可能な「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部」にご連絡ください。
初回接見サービスのご予約は

フリーダイヤル0120-631-881(24時間、年中無休)

にて承っております。

【事件速報】ガムを投げた男が廃棄物処理法違反で逮捕

2022-08-19

【事件速報】ガムを投げた男が廃棄物処理法違反で逮捕された事件について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部が解説します。

事件概要8月18日配信のYTBニュースを引用

大阪府八尾市で、噛んでいたガムを他人の住宅や車に向けて10回以上投げ捨てたとして、男が逮捕されました。
男の逮捕容疑は、今年5月から6月にかけて、八尾市内の住宅や車のフロントガラスなどに、噛んでいたガムを10回以上投げ捨てた廃棄物処理法違反で、逮捕された男は事実を認めているようです。
また八尾市では昨年8月にも同様の事件が発生しており、警察は逮捕された男が関与しているとみて捜査を進めているようです。

廃棄物処理法違反

廃棄物処理法とは、『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』の略称です。
廃棄物処理法第16条は「何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない」と規定しています。
河川敷や山中にゴミを大量に不法投棄したりする廃棄物処理法事件についてはよくニュース等で報道されていますが、ガムを投げ捨てて逮捕までされるといった事件は非常に稀ではないでしょうか。
ただ「ガムを投げ捨てたぐらいで・・・」と軽く考えてはいけません。
廃棄物処理法第16条には「5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金」の罰則が規定されており、懲役刑と罰金刑の両方が科される可能性もあるのです。

ちなみに最近では、タバコの吸い殻を路上にポイ捨てしていた男性が廃棄物処理法違反で書類送検された事件もありますので、ゴミは指定された場所にきちんと捨てるようにしましょう。

廃棄物処理法違反で逮捕された場合は

このコラムをご覧の方で、ご家族が廃棄物処理法違反で大阪府警に逮捕勾留されている方は、是非一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部にご相談ください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部では、逮捕されている方のもとに弁護士を派遣する初回接見のサービスを提供しております。
初回接見サービスに興味のある方は

こちらを⇒⇒クリック

【休日対応中】休日に即日対応している刑事事件専門の事務所

2022-08-07

大阪市北区に事務所を構える

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部

は、休日でも即日対応している刑事事件専門の事務所です。
お休みの日に、刑事事件に関する法律相談を希望の方、警察に逮捕されたご家族のもとに弁護士の派遣を希望の方は是非ご利用ください。
無料法律相談や、初回接見サービスのご予約は

フリーダイヤル 0120-631-881

にて24時間、年中無休で受け付けております。

休日に即日対応している弁護士(参考事例)

大阪府泉佐野市に住むAさんには、25歳の息子がいます。
この息子が金曜日の夜に友達と遊びに行ったきり、土曜日になっても帰宅しませんでした。
心配になったAさんが、自宅の近くにある大阪府泉佐野警察署に相談に行ったところ、息子が飲酒運転で人身事故を起こして逮捕されていることが分かりました。
Aさんは、休日即日対応している、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部の弁護士に、息子の初回接見を依頼しました。
※フィクションです。

初回接見サービス

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部がご用意している 初回接見サービス はお電話でご予約いただくことができるとても便利なサービスです。
弁護士が、逮捕されてしまっている方と面会して、事件の概要や、本人の認否を聴取した上で、今後の手続きや、処分の見通しを立て、弁護活動のプランを提供させていただきます。

弁護活動の開始

初回接見サービス後に弁護活動のご依頼をいただきましたら、実質的な弁護活動をスタートすることになります。
今回の場合、まずは逮捕された息子さんの釈放に向けた活動から始めることになり、その後、人身事故の被害者との示談活動や、飲酒運転の再発防止に向けた取り組みを提案させていただき、刑事処分の軽減に向けた活動を行うことになります。

即日対応する弁護士のメリット

刑事手続きには土日、祝日関係なく、逮捕後は法律で定められた手続きが、定められた時間内に行われます。
この手続きに対して、弁護士の活動も同じように土日、祝日関係なく行うことで、早期の釈放など、不利益を最小限に抑えることができる可能性が生まれます。

刑事手続きについては こちらをクリック

本日、刑事事件にお困りの方は

休日に即日対応している、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部にご相談ください。
休日の無料法律相談、初回接見サービスをご希望のお客様は
フリーダイヤル 0120-631-881
までお気軽にお電話ください。

【本日の対応可能】土日、祝日などの休日も対応している法律事務所

2022-07-24

刑事事件を専門に扱っている「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部」

              年中無休

で刑事事件にお困りの方からのご相談や、逮捕された方に弁護士を派遣する初回接見サービス

              即日対応

しております。

本日、大阪府内にお住いの方で刑事事件にお困りの方は

          フリーダイヤル 0120-631-881

まで、今すぐお電話ください。

土日、祝日などの休日に急遽弁護士が必要になったが、どこの法律事務所に電話してもつながらない。こういった事で悩んでいる方が多いのではないでしょうか?
ご安心ください、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部は、土日、祝日などの休日でも即日対応しています。

例えばこんな方にご利用いただいています。

平日は仕事が忙しくて弁護士に相談できない方・・・
会社のお金を横領したと疑われています。
会社で調査を受けており平日は出勤しなければならず、帰宅するのが夜遅くなるので法律事務所に行くことができません。
土日でも相談を受けてもらえますか?

遠方にお住いの方・・・
盗撮事件を起こして在宅捜査を受けています。
遠方に住んでいるので平日は事務所まで行くことができませんが、土日でも相談を受けてもらえますか?

休み明けに警察に出頭する方・・・
金曜日の夜、仕事から帰宅すると郵便ポストに警察署からの呼び出し状が入っていました。
1か月前に居酒屋で喧嘩した件で事情聴取をするので、休み明けに出頭するように記載されていました。
出頭までに弁護士に相談したいのですが、土日でも対応していますか?

家族が逮捕されてしまった方・・・
昨夜(金曜日の夜)、息子が帰宅途中の電車内で痴漢事件を起こして警察に逮捕されました。
少しでも早く釈放されるように、土日で対応できる弁護士さんはいますか?
初回接見サービスににつては →→クリック←←

刑事事件に強いと評判の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部の弁護士のご用命は

フリーダイヤル 0120-631-881

までお電話ください。

大阪府曽根崎警察署に逮捕された時に弁護士を要請する方法

2022-07-19

大阪府曽根崎警察署に逮捕された時に弁護士を要請する方法について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部が解説します。

大阪府曽根崎警察署に逮捕

会社員のAさんは、今朝、出勤しようと自宅を出たところ、自宅前で待ち構えていた大阪府曽根崎警察署の警察官に約1年前にに起こした児童買春事件で逮捕されました。
確かにAさんは、SNSで知り合った女性に現金を渡して性交渉していましたが、相手の女性からは20歳だと聞いていたのです。
警察官曰く、女性は当時16歳で、SNSの掲示板にも「女子高生である」ことが書き込まれていたようです。
Aさんは、逮捕された後に女性の年齢を知り、その後の取調べでは児童買春を認めざるを得ませんでしたが、どうしても納得できません。
すぐにでも弁護士に相談したいと考えていますが、知り合いの弁護士もおらず、どの様に対処したらよいか全く分かりません。
(フィクションです)

逮捕された時に弁護士を要請する方法

急に警察に逮捕されてしまったら、どの様にして弁護士に依頼すればよいのか。分からない方も多いのではないでしょうか。
今回の事件で逮捕されたAさんも、ある朝急に警察官に逮捕されてしまい、そのような事態に陥っています。
そこで逮捕された方が弁護士に依頼する方法をいくつか解説します。

①知っている弁護士がいる方

事前に弁護士を選任している方や、知り合いや、身内に弁護士がいる方は、その弁護士を要請することができます。
取調べを担当する刑事さんや、留置場で看守として勤務している警察官、担当の検察官等に対して「●●弁護士を呼んでください。」とお願いすれば、警察官や、検察官は、その弁護士に必ず連絡しなければなりません。

②知っている弁護士がいない方

知っている弁護士がいない方でも弁護士を要請することはできます。

当番弁護士を要請する

取調べを担当する刑事さんや、留置場で看守として勤務している警察官、担当の検察官等に対して「当番弁護士を呼んでください。」とお願いすれば、警察官や、検察官が当番弁護士を要請してくれます。
当番弁護士は、その名称のとおり、その日に当番に当たっている弁護士が警察署に派遣されるので、逮捕されている方とは面識のない場合がほとんどです。
ここで気を付けなければならないのは、当番弁護士は一度限りの面会にしか派遣されません。ですので、その時点での取調べのアドバイスや、処分の見通し、手続きの流れの説明を受けることはできますが、その後の弁護活動には従事してもらえません。
当番弁護士は、逮捕直後から要請できますが、その後の弁護活動をお願いしたい場合は、改めて委任契約を結ぶ必要があります。

国選弁護人を要請する

勾留が決定すれば、国選弁護人を選任することができます。
当番弁護士を要請するのと同様に、知り合いの弁護士がいない方は、勾留が決定して以降であれば国選弁護人を要請できます。
当番弁護士と同様に、その日の当番に当たっている弁護士が派遣されてくるので、どの様な弁護士が派遣されてくるのか分かりませんが、当番弁護士との違いは、その後の刑事弁護活動も担当してもらえます。

早めに弁護士に相談することが大切

警察に逮捕されることが分かっている方は、事前に弁護士を選任しておくべきでしょうが、Aさんのように、過去の事件である朝急に逮捕される場合もあります。
どの様方でも、平等に弁護される権利を有しているでの、逮捕されたしまった方は、一人で悩まず、必ず弁護士を要請するようにしましょう。
ご家族、ご友人が大阪府曽根崎警察署に逮捕されてしまった方は、刑事事件に強いと評判の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部にご相談ください。

無料法律相談・初回接見サービス 客様満足度 100%

2022-07-01

無料法律相談・初回接見サービス 

客様満足度 100%

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部では、刑事事件にお困りの方に対して、無料法律相談や、逮捕されている方に弁護士を派遣する初回接見サービスを提供させていただいております。
本年(令和4年1月~6月)、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部では、176組のお客様にこちらのサービスをご利用いただきましたが、ご利用いただいた全てのお客様に『満足』いただくことができました。


無料法律相談や初回接見サービスをご利用いただいたお客様には、アンケートにご協力いただいていますが、回答いただいたアンケートを基に集計した結果です。

無料法律相談

刑事事件を起こしてしまった方、刑事事件を起こしたかもしれないと不安のある方や、そういった方のご家族を対象にした弁護士相談です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部では、こういった刑事事件でお困りの方に対して、刑事事件専門の弁護士による法律相談を初回無料で提供しています。
実際に刑事事件を起こしていなくても、警察から疑われているようだと冤罪事件に巻き込まれてしまった方も無料法律相談の対象とさせていただいていますので、まずは

フリーダイヤル 0120-631-881

に電話してみてください。

なお事件を起こした場所や、取調べを受けている警察署の場所が大阪府外であっても、無料法律相談は全国の事件に対応していますのでご安心ください。

初回接見サービス

事件を起こしてしまった方が、すでに警察に逮捕されてしまった場合は、無料法律相談の対象外となります。
ご家族、ご友人がすでに警察に逮捕されている方には、逮捕されている方のもとに刑事事件専門の弁護士を派遣する『初回接見サービス』をご利用いただくことをお勧めします。
初回接見サービスをご利用いただくには、派遣する弁護士の日当(税込み33000円)と交通費をご負担いただくことになりますが、逮捕されてしまった方のもとに『即日』弁護士を派遣することができる、刑事弁護活動においては満足度の高いサービスとなっています。
初回接見サービスのご利用については、無料法律相談と同じ

フリーダイヤル 0120-631-881

にてご予約をお受けしていますので、お気軽にお電話ください。

初回接見サービスについては こちら で詳しくご案内しているのでご確認ください。

※初回接見サービスは、その後の弁護活動をお約束いただくサービスではございません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部では、今後も、お客様に対して、ご満足いただけるサービルの提供を心掛けて活動することをお約束します。
刑事事件でお困りの方は是非一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部にご相談ください。

インターネット上の誹謗中傷対策で『侮辱罪』が厳罰化

2022-06-15

一昨日(13日)の参議院本会議で可決、成立した、『侮辱罪』の厳罰化について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部が解説します。

刑法第231条(侮辱罪)
事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。

現在の刑法では、侮辱罪について上記のように規定しています。

侮辱罪

まず侮辱罪について解説しますと、侮辱罪を分かりやすく表現すると、不特定又は多数の者が認識できる状態で、事実を摘示せずに人を侮辱することです。
ここでいう「事実を摘示」とは、人の社会的評価を低下させるに足りる事実を示すことです。
注意しなければいけないのは、ここでいう事実の内容は、真偽であることまで問われないので、例えそれが虚偽の事実であっても侮辱罪が成立することです。
ちなみに事実を摘示していた場合は「名誉棄損罪」となります。

侮辱罪の法定刑

現在
拘留又は科料(公訴時効 1年)

改定後
1年以下の懲役若しくは禁錮又は30万円以下の罰金(公訴時効 3年)

上記のように、今回の法改正で法定刑が厳罰化されます。
拘留とは、30日未満の期間、刑事施設に身柄を拘束される自由刑の一つで、科料とは、1万円未満を納付する財産刑の一つですが、これを見ると現在の侮辱罪は、非常に軽い罰則が、規定されていることが分かります。

厳罰化される背景には

今回の刑法改定で侮辱罪が厳罰化される背景には、深刻化するインターネット上での誹謗中傷に歯止めをかけるのが狙いです。
そしてそのきっかけとなった事件が、ネットで中傷された当時22歳の女子プロレスラーが命を絶った問題がきっかけとなっています。
インターネットへの投稿は、匿名性が高いために、その内容が過激になる傾向がある上に、行為者自身の罪の意識が軽薄であるのが特徴的です。
「これぐらいなら大丈夫だろう。」「他の人もしているから大丈夫だろう。」といった軽い感じでしたインターネット上の書き込みが刑事事件に発展する可能性があるので、インターネットへの投稿は、その内容に十分に注意しなければなりません。
特に今回の法改正で警察の取締りが強化される可能性が高く、厳罰化されたことで、これまで逮捕されなかったような侮辱事件で逮捕される可能性も出てきます。

刑事事件に関するご相談は

大阪府内の刑事事件を専門に扱っている弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部では、侮辱罪でお困りの方からのご相談を年中無休、24時間体制で受け付けております。
無料法律相談のご予約は

フリーダイヤル 0120-631-881

までお気軽にお電話ください。

なおすでに警察に逮捕された方に弁護士を派遣する初回接見サービスについても年中無休で受け付けておりますので、警察に逮捕されてしまったご家族、ご友人に「弁護士を付けてあげたい。」という方は、上記フリーダイヤルにお電話ください。
初回接見サービスについては こちら をご覧ください。

拘禁刑の創設 懲役刑と禁錮刑が一本化

2022-06-14

昨日(13日)の参議院本会議で、懲役刑と禁錮刑が一本化して『拘禁刑』が創設されることが可決、成立しました。
本日のコラムでは、この刑法改正について弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部が解説します。

刑法や道路交通法等の特別法や、各都道府県が定めている条例では様々な規制がされていますが、法律や条例で規制(禁止)されていることをしてしまうと刑事罰が科される可能性があります。
刑事罰については刑法第9条に明記されているとおり「死刑、懲役禁錮、罰金、拘留、科料(付加刑として没収)」が定めらています。
今回の改正で一本化されるのはこの中の「懲役刑」と「禁錮刑」です。

懲役刑とは

刑事施設に拘置され、その中で刑務作業を強いられる刑罰です。
有期懲役は1ヶ月から20年までが原則ですが、併合罪などに刑を加重する場合や、死刑や無期懲役を軽減する場合は、30年におよぶ場合もあります。

禁錮刑とは

刑事施設に拘置されるという点では懲役刑と同じですが、懲役刑で強いられる刑務作業は希望者のみで強制はされません。
禁錮刑は、一部の過失犯や、内乱罪などの政治犯などに規定されています。
禁錮刑の期間は、懲役刑と同じく、有期の場合は1ヶ月から20年までが原則ですが、併合罪などに刑を加重する場合や、死刑や無期懲役を軽減する場合は、30年におよぶ場合もあります。

拘禁刑

刑法が改正されると懲役刑と禁錮刑が廃止されて新たに『拘禁刑』が創設されます。
拘禁刑が創設される背景には、再犯状況の悪化と受刑者の高齢化があるようで、導入後は、薬物依存や性犯罪などの矯正プログラムに時間を割いたり、出所後を見据え、高齢者に体力などを向上させるリハビリを重点的に施したりできるようになります。
この取り組みは、受刑者の年齢や特性に合わせて、刑務作業と指導を柔軟に組み合わせた処遇を行えるようにして、更生や再犯防止につなげる狙いがあるようです。

ちなみに、明治40年に刑法が制定されてから、刑の種類の変更は初めてで、施行されるのは2025年の見込みです。

~明日は、拘禁刑の創設共に改正される『侮辱罪』について解説します。~

刑事事件に関するご相談は

大阪府内の刑事事件を専門に扱っている弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部では、刑事事件でお困りの方からのご相談を年中無休、24時間体制で受け付けております。
無料法律相談のご予約は

フリーダイヤル 0120-631-881

までお気軽にお電話ください。

なお、すでに警察に逮捕された方に弁護士を派遣する初回接見サービスについても年中無休で受け付けておりますので、警察に逮捕されてしまったご家族、ご友人に「弁護士を付けてあげたい。」という方は、上記フリーダイヤルにお電話ください。
初回接見サービスについては こちら をご覧ください。

« Older Entries

keyboard_arrow_up

0120631881 問い合わせバナー LINE予約はこちら