【大阪市北区の大阪府安全なまちづくり条例違反事件】違法な現行犯逮捕に強い弁護士

2017-04-11

大阪市北区大阪府安全なまちづくり条例違反事件】警察官の現行犯逮捕 違法逮捕に強い弁護士
 
土建業Aは、大阪市北区の路上において車を運転中、大阪府曾根崎警察署の警察官に職務質問されました。
職務質問の際、仕事で使用している鉄製のパイプが車のトランクから見つかりました。
警察官に任意同行を求められましたが、Aがそれを拒んだところ、Aは警察官に大阪府安全なまちづくり条例違反現行犯逮捕されました。
Aは、大阪刑事事件違法逮捕に強い、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士を選任しました。
(この話はフィクションです。)

1 大阪府安全なまちづくり条例違反
大阪府安全なまちづくり条例は、平成14年に、大阪府民が、安全に安心して暮らせるまちづくりを目的に施行された大阪府の条例です。
この条例には、犯罪による被害の防止のために必要な規制として、人の生命、身体に重大な危害を与える可能性のある器具の携帯を禁止しています。
携帯を禁止しているのは、鉄パイプ、バット、木刀、ゴルフクラブ、角材、その他これらに類する棒状の器具です。
当然、無条件に携帯を禁止しているわけではありません。
これら規制されている器具の、本来の用途に従い使用し、又は運搬する場合、その他社会通念上正当な理由が認められる場合は、取り締まりの対象にはなりません。
正当な理由なく、規制された器具を携帯した場合は、10万円以下の罰金が科せられるおそれがあります。
Aの車のトランクから見つかった鉄製のパイプは、建設現場で使用する足場の一部で、1ヶ月ほど前に、足場一式をこの車で搬送した際に取り忘れた物でした。

2 現行犯逮捕
現行犯逮捕とは、現に罪を行い、又は現に罪を行い終わった者を逮捕する事です。
現行犯逮捕は、警察官だけでなく一般人でもする事ができます。
ただし、刑事訴訟法第217条には「軽微な罪の現行犯逮捕」について規定しています。
軽微な罪とは、30万円以下の罰金、又は拘留又は科料に当たる罪の事で、大阪府安全な街づくり条例違反の罰則規定は、10万円以下の罰金なので、軽微な罪に当たります。
軽微な罪の犯人については、犯人の住居若しくは氏名が明らかでない場合又は犯人が逃走するおそれがある場合に限り現行犯逮捕する事ができるのです。
Aは、職務質問時に、警察官に対して運転免許証を提示していました。
また、鉄製のパイプも警察官に任意提出したのです。
しかし、重要な仕事の打ち合わせ時間が迫っていたために、Aは任意同行に応じる事ができず、打合せ後に大阪府曾根崎警察署に出頭する事を約束したにも関わらず、現行犯逮捕されたのです。

Aに選任された弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は、接見においてAから逮捕当時の様子を聞き出すと共に、逮捕現場に居合わせたAの同僚からも逮捕当時の様子を聞き出しました。
そして警察官の違法な現行犯逮捕を証明したのです。
ご家族、ご友人が大阪市北区で、警察官に現行犯逮捕された方、警察官の違法逮捕に強い弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、初回法律相談を無料で承っております。