【西成区の通り魔事件】大阪の刑事事件 軽犯罪法違反事件に強い弁護士

2017-04-08

西成区通り魔事件】大阪刑事事件 任意同行された方にアドバイスする軽犯罪法違反に強い弁護士
~ケース~
大阪市西成区に住むAは、ある日公道上でハサミを隠し持っていたとして軽犯罪法違反任意同行を受けました。
実は近所で通り魔的に女性の髪を切る事件が頻発しており、大阪府西成警察署がその捜査にあたっていました。
Aの母は、刑事事件を専門に扱う弁護士を探して、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に法律相談しました。
(このお話はフィクションです。)

1.軽犯罪法違反による逮捕
今回のケースでAは、軽犯罪法違反任意同行を受けています。
ハサミを隠し持っていたことは、軽犯罪法1条第2号に該当しますので、拘留又は科料が科される可能性があります。
ただし軽犯罪法の罰則規定は、拘留又は科料しかない犯罪ですので、刑事訴訟法199条1項ただし書によれば、定まった住居を有しない場合や正当な理由もなく捜査機関からの出頭要請に応じない場合でなければ逮捕することが出来ません。
ですので、今回のケースでAが任意同行に応じれば逮捕はされないと考えられます。
しかし、任意同行を拒否すれば逮捕される可能性が生じますので注意が必要です。

2.今回のケースでの注意点
今回のケースでは、警察はハサミを隠し持っていた軽犯罪法違反で取り調べるのが目的ではなく、女性の髪を切る通り魔事件について取り調べるのが目的で、Aを任意同行した可能性があります。
この様な場合、逮捕された場合はもちろん、任意同行を受けた場合でも、取調べが苛烈を極めることが予想されます。
そこで、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談いただくことをおすすめします。
刑事事件を専門に扱う弁護士、警察の取調べに対するアドバイスをすることが出来ます。
また、逮捕された時には、初回接見サービスを利用いただいて、弁護士を警察署に派遣することができます。

いずれにせよ大阪市西成区で、ご家族の方が軽犯罪法違反などの事件で警察署に連行された場合は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。
刑事事件に巻き込まれてしまった場合、何よりも優先すべきは刑事弁護活動の経験が豊富な弁護士に相談することです。
初回の法律相談費用は無料ですので、是非お気軽にお問い合わせください。
(初回の法律相談費用:無料 大阪府西成警察署までの初回接見費用:35,400円)