【北区で逮捕】大阪の刑事事件 名誉棄損事件で告訴取下げに強い弁護士

2016-12-10

【北区で逮捕】大阪の刑事事件 名誉棄損事件に強い弁護士

ある日、職場の同僚であるVさんと口論になり腹を立てたAさんは、既婚者であるVさんが不倫をしているとの噂を職場の多くの人たちに吹聴した他、ツイッターで
実名で何度もツイートしました。
その後、Vさんから告訴があり、Aさんは名誉棄損罪として大阪府大淀警察署から呼び出しを受けました。
Aさんは自分の行った行為について反省しており、Vさんに謝罪したいと考えているものの、今後の対処について不安を感じ、刑事事件を専門に扱う弁護士に相談をすることにしました。
(※この事件はフィクションです)

名誉毀損罪について】
刑法230条1項は「公然と事実を適示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。」と規定しています。

摘示される事実とは、人の社会的評価を害するに足りる事実であることが要求されており、事実を摘示するための手段には特に制限はなく、『インターネットの掲示板で書き込む』『張り紙で噂を広める』『街宣車を動かして噂を宣伝する』などの場合であっても成立します。

上記の事例の場合、Aさんは、Vさんから告訴が出されているので、起訴された上裁判で刑罰を課されてしまうことが考えられます。
しかし、弁護士を介することで、告訴取下げに向けた示談交渉を行い、それによって、事件を解決するという選択肢をとることも可能です。
今回のAさんも、刑事事件を専門に扱う弁護士に相談し、Vさんと謝罪と賠償による示談交渉をすることで告訴を取り下げてもらうよう依頼することが出来ます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件を専門に扱い、示談交渉や告訴取下げに向けた弁護活動を多数承っております。
大阪府北区名誉毀損罪で警察署から出頭要請を受けてお困りの方は、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。

(大阪府大淀警察署 初回接見費用:3万4700円)