【和泉市の強制わいせつ罪】示談で不起訴 親告罪に強い弁護士

2017-04-20

和泉市強制わいせつ罪】被害者との示談不起訴にする弁護士 親告罪に強い弁護士

和泉市の自営業Aは、酒に酔った帰り道、徒歩で通行中の見知らぬ女子大生に抱きつきスカートの中に手を入れるなどわいせつな行為をしました。
女子大生が大声で助けを求めた事からAは自宅に逃げ帰りましたが、後日、大阪府和泉警察署に、強制わいせつ罪逮捕されました。
Aは、親告罪に強い弁護士を選任した事によって、被害者との示談が成立し不起訴となりました。
 
(このお話はフィクションです。)
 
1 強制わいせつ罪
13歳以上の者に対して、暴行または脅迫を用いてわいせつな行為をすれば強制わいせつ罪に問われます。
13歳未満の者に対しては、暴行、脅迫を用いらなくてもわいせつな行為をすれば強制わいせつ罪となります。
強制わいせつ罪起訴された場合は、6月以上10年以下の懲役刑が科せられる可能性があります。
強制わいせつ罪の「暴行」とは、正当な理由なく他人の意思に反してその身体に有形力を行使する事で、「脅迫」とは害悪の告知です。
電車内の痴漢行為でも、その犯行態様によっては強制わいせつ罪となる場合があります。

2 強制わいせつ罪の刑事弁護活動
強制わいせつ罪は、親告罪であるため、被害者等告訴権を有する者の告訴がなければ犯人を起訴する事ができません。
つまり起訴が決定する前に、被害者と示談し、被害者に告訴を取り下げてもらう事ができれば、確実に不起訴となるのです。
そのため強制わいせつ罪逮捕された方に選任された弁護士は、起訴されるまでに、被害者と交渉して示談告訴の取り下げを最終目標に活動する事となります。

和泉市で、ご家族、ご友人が強制わいせつ罪で警察に逮捕された方、被害者との示談不起訴にする弁護士親告罪に強い弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回の法律相談を無料で実施しております。
大阪府和泉警察署までの初回接見費用:38,800円