ごあいさつ・弁護士紹介

あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

私どもあいち刑事事件総合法律事務所は、創立以来、刑事事件・少年事件のみを専門に取り扱う法律事務所として、犯罪行為による刑事事件・少年事件の当事者の弁護活動に取り組んでおります。犯罪事件の当事者になってしまってお困りの方、警察などの捜査機関から犯罪の容疑をかけられて不安や心配をお持ちの方、そのような方のご家族様の法的サポートをするのが私どもの仕事です。

法律は社会の根本を支える基本ルールです。誰かを傷つけたり人の道に背く行いをして法律に違反すれば、法律による処罰の対象になります。しかし、直ちに刑罰を科すことが本当に正しいことなのでしょうか。当事者の救済や更生、ご家族の生活を考えた場合、必ずしも刑罰による制裁のみが真の解決になるとは限りません。私がこれまで取り扱ってきた事件の多くが、その背景に、法律の裁きでは割り切れない様々な事情をもっていました。当然、無実の罪などのあらぬ疑いを晴らすことは弁護士の重要な役割です。それと同じくらい、個々の事件に応じた真の解決を当事者と一緒になって探し出すことも弁護士の重要な役割なのです。

世の中にある法律事務所の多くが金銭トラブルや労働関係の民事事件を扱う中で、あいち刑事事件総合法律事務所が刑事事件・少年事件の当事者の弁護活動に専念する理由はただ一つ。それは、犯罪事件の渦中にいる当事者とその家族は最も孤立しやすく、最も専門家の助けを必要としているからです。助けを必要としている人の力になり、少しでもその方の人生が好転するようにお手伝いさせていただくことが、我々の使命だと思っています。

「一緒に考え、一緒に道を切り開く」。これが、当事務所の変わらない弁護方針です。犯罪による刑事事件・少年事件の当事者やそのご家族様、どうか一人で悩まずお気軽にお電話ください。あなたの為に、スタッフ一同全力でサポートさせていただきます。

あいち刑事事件総合法律事務所 代表弁護士 則竹理宇

 

 代表弁護士 則竹 理宇(のりたけ りう)

弁護士会  第二東京弁護士会
所属   刑事弁護委員会、刑事弁護フォーラム
出身   千葉県
経歴   青山学院大学 卒業
 日本大学法科大学院 修了
趣味   サイクリング、落語、読書
座右の銘   Cool Head, but Warm Heart
代表弁護士 則竹理宇

【略歴】 

私は、千葉県で生まれ育ちました。青山学院大学で英米文学を専攻し、文学を通じて人と人とが密接に関わる仕事に興味を持ち、弁護士という資格に魅了されました。

一から法律の勉強を重ね、日本大学法科大学院に進学し、司法試験に合格。司法試験合格後、刑事事件を専門に扱う法律事務所に入所し、刑事事件、少年事件のみを取り扱ってきました。入所後まもなくして任された強姦事件では、ご依頼者の方が逮捕され、そのままでは会社をクビになって刑務所に入らなければならなくなる可能性が極めて高い緊迫した事件でした。私は、すぐに被害者の方のもとへ示談交渉に行き、何度も交渉を繰り返した末、示談を成立させることができました。結果、ご依頼者の方は留置場から釈放され、会社をクビにならずに社会復帰を果たすことができました。そこから本日まで数えきれないほどの刑事事件・少年事件を扱ってきました。

手がけた案件は、痴漢や盗撮や強姦などの性犯罪事件が多く、その他、飲酒運転や交通事故などの自動車事件、覚せい剤や大麻などの薬物事件、暴行や傷害などの暴力事件、詐欺や窃盗などの財産事件など多岐にわたります。また、裁判員裁判事件もいくつか手がけました。日本の裁判員裁判事件では、一般的に執行猶予判決を獲得するのはかなり困難といわれていますが、無事執行猶予を獲得することができ、ご依頼者の方は社会復帰されました。

得意分野は、「刑事事件ならどんな案件でも!」、という意気込みで弁護をしています。趣味は、読書と、映画やDVD鑑賞です。法廷ものやサスペンスが特に好きです。また、散歩によく出かけます。裁判前は散歩をしながら弁論の構成を考えたりします。頭がリフレッシュされていい考えが浮かんだりします。「勝訴の秘訣」とまでは言いすぎですが、私の一日で一番好きな時間かもしれません。座右の銘はイギリスの経済学者アルフレッド・マーシャルの言った「Cool Head, but Warm Heart」です。

 

弁護士 梶原 良平(かじわら りょうへい)

弁護士会 大阪弁護士会
所属 刑事弁護委員会、子どもの権利委員会
出身 福岡県
経歴 立命館大学法学部 卒業
上智大学法科大学院 終了
趣味 名所旧跡巡り、読書、野球観戦
座右の銘 為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり

略歴

弁護士 梶原 良平(かじわら りょうへい)私は、高校卒業まで福岡で育ちました。その後は、京都にある立命館大学法学部、東京にある上智大学法科大学院を卒業し、司法試験に合格しました。司法試験合格後弁護士になるまでの約1年間にわたって行われる司法修習では、香川県の高松で、一人前の弁護士になるべく勉強してきました。

立命館大学では、刑事訴訟法や少年法、刑事政策などについて学ぶゼミに所属していました。そこでは、活発に議論を行ったり、実際に刑務所に見学に行ったりと様々な経験をしました。その中でも特に、元受刑者の方のお話を聞き、一緒にお酒を飲ませていただいたのが印象に残っています。この時、私は、罪を犯してしまった人も同じ人間なのだという当たり前のことを実感することができました。そして、そのような人たちが、罪を償ったのに社会に戻れずに苦しんでいたり、社会的に重い制裁を受けていたりすることを知りました。

もちろん、一番辛いのは、被害者やその家族です。ですが、加害者なら、どのような不利益であっても、受け入れなければならないわけではないはずです。依頼者の方が実際に犯罪を行なってしまっていたとしても、適切な手続きに則った適切な処罰を求めることで、微力ながら、罪を償った後に社会に戻ってこられる手助けをさせていただきたいと思っています。

 

弁護士 末吉 大介(すえよし だいすけ)

弁護士会 大阪弁護士会
所属 刑事弁護委員会,犯罪被害者支援委員会
出身 宮崎県
経歴 早稲田大学法学部 卒業
大阪大学高等司法研究科 修了
趣味 テニス、読書、散歩、カラオケ
座右の銘 晴耕雨読

略歴

末吉大介私は中学生のころ、大平光代さんが書かれた「だからあなたも生きぬいて」という本を読んで、弁護士という職業に興味を持ちました。
それから文系に強い地元の高校に進学し、早稲田大学法学部、大阪大学高等司法研究科(法科大学院)で法律を学んできました。
世話好きな性格もあり、高校では生徒会長、法科大学院では学生代表という自治組織の長として、いろいろな学生の悩みや要望をどのようにしたら学校側にうまく伝えられるのか、受け入れてもらえるのかを模索してきました。

また、法科大学院修了後、数年間飲食業で働いたことがあり、働きながらお客さんといろいろな話をする中で、コミュニケーションの大切さを学びました。
これらの経験から、私は弁護士として、依頼者様を始めとした当事者の方々とのコミュニケーションを大切にし、どのようにしたら事件にうまく向き合い、解決に導けるのかを模索していこうと思います。

特に、刑事事件は時間が切迫していたり、事件の流れや捜査情報がよく分からなかったりして、当事者の方や周りの方は不安に感じられることと思います。
私は、限られた時間の中でも内容を分かりやすくお伝えできるように、丁寧に対応していきたいと考えています。
皆様にご理解をいただき、ご満足いただけるよう、誠心誠意取り組んで参ります。

東京支部

  

八王子支部

さいたま支部

横浜支部

名古屋支部

  

京都支部

 

神戸支部

  

福岡支部

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

ページの上部へ戻る