逮捕されないか不安

刑事事件が発生した場合、罪を犯したと疑われるすべての人が逮捕されるというわけではありません。

しかし、実際に事件に関与した方、あるいは本当は事件に関与していないのにあらぬ疑いをかけられている方などは、自分がいつ警察に逮捕されてしまうのか気が気でなく、不安な毎日をお過ごしでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部では、そういった不安を抱えている方々に対しても親身になって弁護活動を行っていきます。
 

逮捕されないための具体的な弁護活動

・警察署に出頭する際の付き添い 
・取調べ対応について適切なアドバイス 
・逮捕されないよう警察に交渉
・事件について報道、公表されないように警察に働きかける
・被害者との間で早期に示談を成立させ、事件化を防ぐ
 

逮捕されそうな場面でよくある質問

質問①「逮捕されないためにはどうしたらよいのか」

捜査機関が被疑者を逮捕するためには、逮捕する理由と逮捕の必要性が認められなければなりません。
逮捕する理由とは、犯罪をしたと疑うに足りる相当な理由があることです。
そして、逮捕の必要性は、罪を犯したと疑われる人が証拠を隠滅したり、逃亡したりするおそれがある場合などに認められます。

こうした点から考えると、逮捕を避けたい場合には、警察等の捜査機関に罪を犯したと疑う理由がないことや逃亡・証拠隠滅のおそれがないことなどを説得し、納得してもらえればよいと言えます。
 
また、被害者との間で示談が成立していることも逮捕されないための重要な事情となります。
示談が成立し当事者で事件が解決できたと言えれば、警察も刑事事件として問題にする可能性が低くなります。
刑事事件として問題にされなければ、当然逮捕する必要性もなくなるというわけです。
 
以上のことが具体的な対策となりますが、これらを一般の方が自ら行うということは、非常に難しいと思われます。
自ら行った結果、失敗すれば、かえって悪い状況に陥ってしまう危険性もあります。

ですから、逮捕されないためにはできるだけ早期に弁護士に頼んで、逮捕されないための弁護活動を始めてもらうことをおすすめします。
 

質問②「警察に出頭したら、そのまま逮捕されるのではないか」

警察への任意同行任意出頭を求められた場合には、必ずしも逮捕されるとは限りません。
なぜなら、警察が任意同行や任意出頭を求めるのは、犯人と疑われる人や重要参考人から事件について事情を聞くことが主な目的だからです。

しかし、任意同行や任意出頭からそのまま逮捕に至るケースがないわけではありません。
例えば、すでに逮捕を予定しており逮捕状を準備した上で任意同行・任意出頭を求める場合や出頭後の取調べで犯罪の嫌疑が高まったとして逮捕に至る場合などがあります。
 
警察に出頭する前や任意同行される前に、逮捕される不安があれば、一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部にご相談ください。
出頭前に取調べ対応などについてアドバイス、警察署に出頭する際の付き添いを行うことができます。
 

質問③「警察から出頭要請を拒否しているが、逮捕されないか」

何ら正当な理由なく、連絡もしないまま出頭を拒んでいると、警察から逃亡のおそれや証拠隠滅のおそれがあると思われ逮捕される場合があります。
よって、何も連絡しないまま警察からの出頭要請を拒み続けることは、避けるべきでしょう。

もし、任意出頭を拒否する正当な理由(例えば、仕事があって会社を休めない・遠方にいてその日にはいけないなど)があれば、その旨を警察に説明し出頭の日時を調整してもらうようにしてください。
任意の出頭にも応じる姿勢を見せることができ、突然逮捕される危険性を減ずることが出来るでしょう。
 
警察からの出頭要請を拒否する方の多くは、逮捕の恐怖や取調べへの不安を抱いていらっしゃいます。
しかし、出頭要請を拒み続けることは、状況を悪化させるばかりで、何も解決しません。

早期に逮捕のリスクを回避し、事件解決を図りたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部にご相談ください。
不安を抱えていらっしゃる多くの方々とともに、問題解決に取り組みます。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

ページの上部へ戻る