無実・無罪を証明してほしい

なぜ冤罪事件は起こるのか

冤罪とは、無実の罪のことや無実であるのに犯罪者として扱われてしまうことです。

冤罪事件という悲惨な事件が起きてしまう原因の多くは、容疑者・被告人による虚偽の自白です。
自白とは、自己の犯罪事実を認める供述のことです。

つまり、容疑者・被告人が捜査段階で意思に反して真実とは異なる事実を認めてしまうために、冤罪が起こるのです。

ではなぜ虚偽の自白は生まれるのでしょうか。
昔から日本では、自白が「証拠の王」と呼ばれ犯罪の遂行を証明する重要な証拠でした。
そのため、捜査機関は容疑者・被告人の自白を獲得すべく、逮捕・勾留時の取調べで厳しい追及をおこなってきました。

法律上、被疑者・被告人の自白だけで有罪になることはありません。
しかし、犯罪の遂行を証明する証拠として自白が重要な意義を持つことに変わりはありません。

したがって、警察などの捜査機関は、自白を得るために時には高圧的で強引な取調べを行うことがあります。
もちろん、こうした取調べの態様は違法である可能性が高いです。しかし、取調べの違法性を証明することは容易ではなく、一旦自白してしまうとほとんどの場合被告人の有罪・量刑を決める重要な証拠として採用されてしまいます。
被告人の虚偽の自白が生まれるのは、こうした背景があるためです。
 
虚偽の自白は特に逮捕直後の弁護士がついていない時期における取調べでなされることが多いです。
なぜなら、この時期は捜査機関による連日の取調べなどで、逮捕された人が精神的に追い込まれやすく、取調官の違法・不当な取調べに屈してしまいやすいためです。

とすると、虚偽の自白をせず冤罪を回避するためには、逮捕後すぐに弁護士を付け適切な弁護活動をおこなってもらうことが重要だといえます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部では、冤罪防止のため即日接見や即日無料相談にも対応しています。
身に覚えのない罪でお困りの方は、刑事事件を専門に扱い経験豊富な弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部の弁護士にご相談ください。
 

違法・不当な取調べの具体例

  • 朝から夜までずっと取調べを行っている
  • 接見要請を無視した取調べを行っている
  • 暴力的、脅迫的な態度で取調べを行っている
  • 共犯者が自白した、犯罪を証明する決定的な証拠が見つかっているなどと取調官が述べ自白を誘導してくる
  • 自白すれば逮捕しない、不起訴になる、執行猶予になるなどと述べ自白を誘導してくる

以上のような取調べが行われた場合、絶対に嘘偽りの自白はせず、すぐに弁護士を呼んでください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部の弁護士がすぐに駆けつけます。
また、仮に虚偽の自白をしてしまっても、このような取調べによって得られた自白は、任意にされた自白ではないため証拠として採用されない可能性があります。
あきらめず弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部の弁護士にご相談ください。
 

無実・無罪を証明するための弁護活動

1 取調べについての適切なアドバイスで冤罪を防ぐ

捜査機関の取調べを受ける容疑者は、突然の逮捕などで精神的に混乱していますから、自分にとって有利・不利な事情を適切に判断することが困難です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部では、初回接見や無料相談をしていただいた場合、有利・不利な事情の選別と今後の見通しを伝えた上で、取調べにどのように対応したらよいかの具体的な法的アドバイスをしています。
たとえ逮捕されている方でも、捜査機関による取調べ前に接見に向かい、取調べ対応について具体的な指導助言を行いますのでご安心ください。
 

2 違法・不当な取調べを阻止して冤罪を防ぐ

捜査機関による違法・不当な取調べが行われ場合、すぐに弁護士に頼んで止めてもらいましょう。
違法・不当な取調べは、悲惨な冤罪事件を生みます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部では、捜査機関に抗議をすることで違法・不当な取調べを止めるように働きかけています。
違法・不当な取調べにお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部までご相談ください。
 

3 自白が嘘であることを主張して冤罪を防ぐ

もし取調べの中で虚偽の自白をさせられてしまったら、すぐに弁護士に相談してください。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部では、自白が違法な取調べによってなされた虚偽のものであることを粘り強く主張し、裁判で証拠とならないよう弁護活動を行います。
 

4 容疑者に有利な証拠を探して冤罪を防ぐ

上記以外の無実を証明するための弁護活動として、アリバイ証拠などの容疑者に有利な証拠を発見し、無実・無罪を主張する方法があります。

逮捕されている場合はもちろん、逮捕されていない場合でも、刑事事件の捜査は着々と進みます。
そのため、弁護活動として起訴される前に、また裁判で有罪となる前に、有利な証拠を収集する必要があります。

実際に証拠を収集することは、想像以上に困難なものです。
そういったときにも、法律の専門家である弁護士に助けを求めることは有効です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所-大阪支部は刑事事件を専門に扱っており、いかなる証拠が裁判で有効か・いかに証拠を収集するかということについて豊富なノウハウの蓄積があります。
ぜひ一度ご相談ください。

 

お問い合わせ・無料相談のご予約

ページの上部へ戻る