【富田林市の刑事事件】詐欺罪の取調べ 刑事事件に強い弁護士に相談

2017-04-28

富田林市に住む大学生Aは定食屋で注文した後に、財布がない事に気付きました。
Aは、店主の隙をついて逃げようと店を飛び出しましたが、他の店員に見つかってしまい、無銭飲食で大阪府富田林警察署に通報されました。
詐欺罪で警察の取調べを受けているAは、刑事事件に強い弁護士相談しました。
(この話はフィクションです。)

1 詐欺罪
刑法第246条には「人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」と、詐欺罪を規定しています。
詐欺罪は、被害者を騙し(欺罔行為)、騙された被害者(錯誤)が、被害者自身の意思に基づいて財物の交付が行う事によって成立します。
無銭飲食の場合、最初から無銭飲食する事を企て、お金を払う意思がないのに、飲食店で料理を注文すると詐欺罪に該当する可能性が大です。
また、Aのように、食べ終わった後にお金がないことに気付いた場合は、どうでしょう。
後日、飲食代を支払う意志がないのに、店員を騙して、後日に支払う事を約束してお店を出た場合も、詐欺罪が成立する可能性があります。
ただ店員の隙をついて黙って逃げた場合は、欺罔行為がないので、詐欺罪が成立しない場合があります。

2 弁護士に相談
刑事弁護活動に関わった方は、一日でも早く、刑事事件に強い弁護士相談する事をお勧めします。
記憶が鮮明なうちに、事件の内容を弁護士に相談する事によって、より的確なアドバイスを受ける事ができ、必要に応じて、迅速的確な、弁護活動をスタートする事ができるからです。

富田林市詐欺罪に強い弁護士をお探しの方、詐欺罪で警察の取調べを受けている方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所刑事事件に強い弁護士にご相談ください。

相談、接見のご予約はフリーダイヤル0120-631-881にお電話ください。
初回法律相談:無料
大阪府富田林警察署までの初回接見費用:39,500円