【大阪市天王寺区で逮捕】大阪の刑事事件 秘密漏示事件で不起訴の弁護士

2016-12-18

【大阪市天王寺区で逮捕】大阪の刑事事件 秘密漏示事件で不起訴の弁護士

大阪市天王寺区で開業医をしているAさんは、医師会に参加した際、誤って患者の実名や病状をはじめとする情報を公表してしまいました。
この公表事実を知った被害患者は、秘密漏示罪としてAさんを刑事告訴しました。
Aさんは大阪府天王寺警察署逮捕され、取調べを受けることになりました。
Aさんの家族は、秘密漏示罪について処罰回避(不起訴)のための法的なアドバイスを求め、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※この事件はフィクションです)

1.秘密漏示罪
秘密漏示罪」は、所定の職業に従事する(していた)者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らすという犯罪です。

刑法134条1項には「医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。」と規定されています。

秘密漏示罪で保護対象となる「秘密」とは、「一般には知られていない事項」を指します。
刑法上の「漏らす」とは、秘密を知らない他人に当該事実を知らせる行為です。
「1人にだけ告げた」としても、「漏らした」ことになります。
「かたく他言を禁じて告げた」としても、「漏らした」ことになります。

秘密漏示罪は「親告罪」に分類されます。
親告罪とは、告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪です。
被害者側からの刑事告訴がなければ、警察は事件を捜査できず、検察は事件を起訴することができません。
つまり、不起訴となるのです。
上記事例のAさんの場合も、被害者に謝罪と被害弁済の意思を伝え、刑事告訴の取下げのための示談成立を目指すことで、不起訴処分になる可能性があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門弁護士が数多く在籍し、不起訴処分にむけた示談成立に尽力します。
大阪府天王寺区秘密漏示罪逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律の弁護士までご相談ください。
大阪府天王寺警察署 初回接見費用:3万5800円)