【逮捕】事後強盗事件に強い弁護士 大阪で刑事事件で悩んでいる方の味方になる弁護士

2016-04-14

【逮捕】事後強盗事件に強い弁護士 大阪で刑事事件で悩んでいる方の味方になる弁護士

大阪市生野区に住むフリーターAは、よく行く近所のコンビニで雑誌を万引きしましたが、店を出る前に店員に呼び止められたので、この店員を殴って逃げ、後日、大阪府生野警察署事後強盗罪逮捕されました。
(このお話はフィクションです。)

事後強盗罪は、刑法第238条に、窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫した時は、強盗として論ずると定められています。

事後強盗罪は、Aの様に万引き犯が逃げる時に店員を突き飛ばしたりした場合など、よく耳にする話ですが、窃盗罪は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金と法定刑を定めているのに対して、事後強盗罪は、強盗と同じで、5年以上の有期懲役に処される事もあります。
ちなみに、事後強盗罪は未遂犯も罰せられ、窃盗が未遂に終わった場合に、逮捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫した時に事後強盗未遂罪となります。

ただの万引き事件であれば、大事にはならず、警察の捜査も、犯人を逮捕せずに呼び出して取調べる事が多々ありますが、Aの様に事後強盗罪となれば、警察の捜査も本格化し、逮捕されるおそれがあります。
ついの出来心でやってしまった万引きで一生を台無しにする事も少なくありません。

そんな時は、あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
刑事事件を多く扱い、様々な罪名の刑事事件弁護を経験している、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士が、あなたの強い味方となる事をお約束します。

初回無料相談を実施しておりますので、刑事事件でお悩みの方は、あいち刑事事件総合法律事務所まで、ご一報ください。