ストーカー規制法違反での逮捕で頼れる弁護士 刑事事件の経験豊富な弁護士

2016-03-11

ストーカー規制法違反での逮捕で頼れる弁護士 刑事事件の経験豊富な弁護士

兵庫県伊丹市に住むAは、かねてから好意を寄せていた被害女性に何度もメールを送ったり、電話をかけたりしていた。このことで、警察から何度か警告を受けていたのだが、Aは気にも留めずにいた。
後日、Aは、兵庫県伊丹警察署から、ストーカー規制法違反で、逮捕された。

ストーカー規制法違反は、一般的に8つの行為を「つきまとい等」と規定し、これを繰り返すことを「ストーカー行為」と定めています。
8つの行為とは、「つきまとい・待ち伏せ・押しかけ」「監視していることを告げる」「面会・交際の要求」「乱暴な言動」「無言電話・連続した電話・ファクシミリ」「汚物などの送付」「名誉を傷つける」「性的羞恥心を侵害する」をいいます。

被害女性からしたら、何としても「つきまとい等」をやめてもらおうと必死になるが、どこに訴えたらよいか分からない場合も多いと聞きます。
そのため、精神的に病んでしまい、病院に通うひともいるくらいです。

ストーカー規制法違反で逮捕された場合、まずは、被害者の方と速やかに示談交渉に入ることが肝要です。しかし、このような犯罪の場合は、被害者が話し合いに応じてくれないといったことがよくありますので、第三者として弁護士が示談交渉にあたるのがスムーズに行きます。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、どのような事件に対しても、ベストの弁護士が常にベストの解決策を提案し、依頼者が納得していただける結果を得られるように、全力で取り組みます。
兵庫県伊丹市ストーカー規制法違反逮捕された、また、示談交渉などスムーズに動いてくれる弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(兵庫県伊丹警察署の初回接見費用:3万8300円)