少年事件に強い弁護士 恐喝事件を含む刑事事件に強い弁護士

2015-12-26

少年事件に強い弁護士 恐喝事件を含む刑事事件に強い弁護士 

兵庫県三田市に住む高校生のAは、普段からおとなしく気の弱そうな同級生Vから金をむしり取ろうと、放課後帰宅途中のVの後をつけてVに声をかけて金品を脅し取った。
その件でVは両親と共に被害を訴えに兵庫県有馬警察署に行き、後日Aは恐喝の疑いで逮捕された。

逮捕されたAは、生活安全課少年係に連れていかれた。
生活安全課では、様々な事案が取り扱われ、刑事課・交通課・地域課・警備課で取り扱われる事案以外の大多数が取り扱われると言ってよい。

生活防犯指導等を含め、各自治体との関わりあいが多い防犯係や、ゴミの不法投棄などの生活経済係、後は福祉犯の事件や少年に関わる事件を担当する少年係などがあり、広く行政にも対応するなど窓口が広い課として知られている。

少年係では、少年による犯罪の全てを扱うと言ってよく、事件の流れこそ大人の刑事事件と少し違うところもあるが、刑事課の刑事さんがすることと同じことをすることになる。

また、少年係の刑事さんも、人情味にあふれる人が多いと言われる。やはり、大人へと成長する過程で過ちを犯した少年を何とかして更生させたいと思っている刑事が多く、取調べでも熱い会話が交わされていると聞きます。

少年といえども、被疑者としての権利はきちんと守られるべきです。そして、しっかりと主張していかなければなりません。しかし、少年が故に、そのような権利に気付かないことが多々あります。

少年事件に強い、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、逮捕・勾留における被疑者に対して依頼を受けるとスピーディーに駆けつけ、親身になって寄り添い、発生しうる様々な問題をご家族と共に解決していきます。

恐喝事件を含む刑事事件や少年事件に強い弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談も随時行っています。