傷害による逮捕の弁護に定評のある弁護士 刑事事件に強い弁護士

2016-03-02

傷害による逮捕の弁護に定評のある弁護士 刑事事件に強い弁護士

大阪府岸和田市に住むAは、同僚と居酒屋で飲酒中、些細なことからケンカとなり、飲んでいたジョッキでVの殴り、全治2週間の傷害を負わせた。その後、現場臨場した大阪府岸和田警察署の警察官に、傷害の罪で逮捕された。

傷害罪は、「人の身体を傷害した者」と書かれている通り、他人に傷害を負わせたら成立します。
一般的に言われているのが、傷害罪の成立の傷害の方法には制限がなく、例であるような有形的な傷害に限らず、無形的な方法で傷害を与えた場合にも成立します。

よくある例えですが、大音量のラジオを連日鳴らし隣家の家人を慢性的な頭痛にさせた場合に傷害罪を認めたものもあるくらいです。

傷害罪で逮捕された場合、処分を軽くするためにはどうしたらよいでしょうか。
被害者との示談交渉を行うことが、有効な手段と考えられます。
示談は当事者同士で行うことも考えられますが、どうしても嫌悪感情や同時の苛立ちが優先してしまい、うまくまとまらない場合が多いです。
このような示談交渉は、弁護士を介して行うことが最もスムーズにいく秘訣です。

示談交渉などの実績を数多くもつ、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、依頼を受けるとすぐに事案に応じたベストの解決策を検討し、示談交渉などを開始します。
大阪府岸和田市で傷害罪で逮捕された、また示談交渉などに強い弁護士をお探しの方は、刑事事件を専門に取扱い、示談交渉を含め数多い事件解決の実績のある、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(大阪府岸和田警察署の初回接見費用:3万9600円)