大阪府池田市における刑事事件 強盗致傷事件に強い弁護士

2016-02-24

大阪府池田市における刑事事件 強盗致傷事件に強い弁護士

大阪府池田市に住む無職のAは、金目の物を奪おうと、徒歩通行中のVの後ろから近づき、Vが持っていた手提げカバンを勢いよく掴みかかった。Vは盗られまいと道路に倒れながらも必死に抵抗したが、結果的にに手提げカバンを盗られてしまった。その際Vは腰部打撲及び擦過傷を負った。
数分後、手配中の大阪府池田警察署の警察官により、Aは強盗致傷罪で逮捕された。

刑法にも書いてあるとおり、「強盗が、人を負傷させたときは無期又は6年以上の懲役に処し」となっています。法定刑が非常に重たい犯罪です。
街頭犯罪のなかでも、「ひったくり」はよく発生していますが、この「ひったくり」もよく被害者が抵抗し怪我をした場合は、「強盗致傷」として重くなったりしています。
犯人としても何気なく金目のものが欲しくてカバンでも盗ろうかなと思っていたところが、強盗致傷罪となり、思い刑罰を受けることになることはよくあります。

強盗致傷における傷害の意味は、傷害罪における傷害と同じとされています。
なんとなく、法定刑が重いから、統合致傷における傷害も程度が重そうと思ってしまいますが、そうでもないみたいですね。

刑事事件を専門に取り扱っている弁護士を数多く有する、あいち刑事事件総合法律事務所は、強盗致傷罪といった法定刑が重い犯罪に対しても、十分に対応をすることができ、依頼者にとってベストな解決策を常に提案いたします。
大阪府池田市で強盗致傷罪で逮捕された、またはこのような刑事事件に強い頼れる弁護士をお探しの方は、刑事事件に対応する優秀な弁護士を有する、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。
初回無料相談を随時実施しています。
(大阪府池田警察署の初回接見費用:3万7300円)