【大阪市淀川区で逮捕】大阪の刑事事件 強姦事件で否認事件に強い弁護士

2017-01-29

【大阪市淀川区で逮捕】大阪の刑事事件 強姦事件で否認事件に強い弁護士

Aは、大阪市淀川区の居酒屋で知り合った女性と意気投合し、その日のうちにホテルで性交渉しました。
数日後、この女性から強姦罪で訴えられたAは、大阪府淀川警察署逮捕されてしまいましたが、納得できないAは否認事件に強い弁護士を探しています。
(この話はフィクションです)

一般的に刑事事件の捜査は、被害者の証言やその証言を裏付ける証拠によって、犯罪の事実が裏付けられて、罪名が決定します。
そして、その犯罪事実に沿って捜査が進められて被疑者が割り出されて、逮捕の必要性が判断されるのです。
逮捕の必要性が認められると、警察等の捜査機関が裁判所に逮捕状を請求します。
そして裁判官は、逮捕の必要性や、被疑者の犯人性、犯罪事実の妥当性等を総合的に判断して逮捕状を発付します。

逮捕状をもとに逮捕された犯人の取調べは、犯罪を犯した事が前提で進められるので、犯行を否認したり、黙秘する事が許されない雰囲気にあります。
現に、弊社にご相談されるお客様からは「何を言っても信じてもらえなかった。自分の言い分を調書に書いてもらえなかった。」というご意見をよく耳にします。
その雰囲気にのまれて、取調べで自白調書を作成してしまうと、その後その内容が、自分の発言として取り扱われる事となって、内容を覆すのは非常に困難です。

強姦罪は、3年以上の有期懲役を科せられる可能性のある非常に重たい罪です。
早期に、刑事事件専門の、否認事件に強い弁護士を選任する事によって、警察の取調べ対応や、供述内容について綿密なアドバイスを受ける事ができ、その後の処分が大きく変わってきます。
取調べを受けている方は、相当なストレスを感じたり、大きな不安に陥る等の精神的なダメージを受けていますが、弁護士を選任する事によって、精神的なダメージを少しでも緩和することができ、取調べに対しても堂々と対処する事ができます。
特に、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件を専門に扱っており、その経験を生かして、逮捕されている方に対して、法律的なアドバイスだけでなく、精神的な支えになれる事を目指して活動しているので、みなさまにご満足いただける事は間違いありません。

身に覚えのないことで取調べや逮捕をされてしまってお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
大阪市淀川区で、強姦事件に強い弁護士否認事件に強い弁護士をお探しの方は、あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
大阪府淀川警察署までの初回接見費用は35,800円です。