【大阪府高槻市内で逮捕】大阪の刑事事件 傷害事件で示談交渉に強い弁護士

2017-01-27

【大阪府高槻市内で逮捕】大阪の刑事事件 傷害事件で示談交渉に強い弁護士

~ケース~
会社員Aは、大阪府高槻市の路上でトラブルとなった大学生Vを殴って怪我をさせ、傷害罪で高槻警察署逮捕されました。
取調べ後釈放されたAは、Vと示談してくれる弁護士を探して、刑事事件を専門に扱う弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に相談することにしました。
(このお話は、フィクションです。)

故意に人を殴って怪我を負わせると、傷害罪が成立します。
刑法第204条には、傷害罪が規定されており、傷害罪には、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金が定められています。
ですから、仮にAに前科がなくても、Vの怪我の程度や情状面等の様々な事情によっては、起訴されて罰金刑や懲役刑を科される可能性があります。

傷害罪のように被害者がいる事件の場合、被害者が処罰を望んでいるかどうかによっても、その後の処分が大きく左右されます。
そのため、早期に示談を成立させて、被害届の取り下げをしてもらったり、嘆願書を提出することで、Aが不起訴となる可能性が非常に高くなるのです。
ただし、示談交渉を当事者同士で行うと、感情的な話になって交渉が決裂したり、示談の内容が紛争解決に不十分であったりして、解決に至らない事が多々あります。
ですので、示談交渉は法律知識と経験が豊富な弁護士に依頼する事をお勧めします。
Aは、釈放後すぐに刑事事件に強い弁護士に依頼し、その弁護士が早期に大学生と示談を成立したことによって不起訴処分となりました。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、捜査機関や裁判所を相手にする弁護活動だけでなく、被害者との示談交渉等も多数承っております。
傷害罪逮捕され、その後の示談交渉でお困りの方は、お早めに弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談ください。
刑事事件を専門に扱う弁護士が、ご依頼者様をサポートいたします。
(初回の法律相談料:無料。高槻警察署までの初回接見費用:3万7100円)