【大阪市港区で逮捕】大阪の刑事事件 強要事件で初回接見の弁護士

2017-03-03

【大阪市港区で逮捕】大阪の刑事事件 強要事件で初回接見の弁護士

大阪市港区に住むAさんは、以前に交際していたVさんに対してよりを戻そうと、電話やメールで連絡を繰り返していました。
しかし、何の反応も示さないVさんに対してAさんは「返事を返さないとどうなるか分からない」「写真がほしい。断れば殺す」といったメールを何度も送り付け、怖くなったVさんはAさんに自身の写真を送りました。
後日Vさんより、大阪府港警察署に被害届が提出され、Aさんは強要の容疑で逮捕されました。
Aさんの両親は、刑事事件専門の弁護士に相談をして、初回接見を依頼することにしました。
(※この事件はフィクションです)

1.強要
強要罪とは、「生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害する」行為をいいます。
刑法223条1項に定める強要罪の法定刑は、3年以下の懲役です。

2.初回接見サービス
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、事件発覚に伴う逮捕への対応として、土日、夜間での初回接見サービスを承っております。
弊所での初回接見サービスは、弁護士が警察署などの留置施設に出張して、強要事件等で逮捕、勾留されている加害者、容疑者の方と面会します。
この初回接見サービスによって、孤独で過酷な状況下にある強要事件等の加害者、容疑者の方に、取調べ対応や事件の見通しについて弁護士による法的なアドバイスを提供することができます。

強要事件をはじめ暴力事件による刑事事件は時間との勝負です。
特に、刑事責任の有無や刑罰の重さは、事件発覚直後からの弁護活動によって結果が大きく左右されます。
逮捕後、弁護士による初回接見サービスは事件の早期解決に非常に有用といえます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、強要事件等、暴力事件の加害者、被害者の弁護活動に特化した弁護士が、迅速かつ適切に対応致します。
大阪府でご家族が強要事件で逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(大阪府港警察署への初回接見費用:3万5800円)