大阪で器物損壊事件の示談、刑事事件に強い弁護士

2016-03-28

大阪で器物損壊事件の示談、刑事事件に強い弁護士

大阪府堺市に住む公務員Aは、仕事帰りに同僚とお酒を飲みに行きましたが、店員の対応が悪くて早々にお店を出ました。
お店を出たAは、怒りは収まらず、帰り際に道路にあったお店の看板を蹴って壊したのです。
後日、大阪府南警察署の刑事から自宅に電話があり、Aは、お店の店長から器物損壊罪で告訴されている事を知りました。

器物損壊罪とは、故意的に他人の所有物を損壊する事で、刑法第261条に当たり、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは過料を科せられ、場合によっては逮捕される事もあります。
さらに公務員であるAは、起訴されてしまえば、務めている役所に、看板を壊した事が知られてしまい、仕事を辞めなければいけないかもしれません。
 
刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、Aから相談・依頼を受けると迅速に、Aが壊した看板の持ち主であるお店の店長に対して示談交渉し、看板を弁償する事で、店長に告訴を取り下げてもらいます。
一度告訴を取り下げた店長は、同じ事実で再びAを告訴する事はできず、Aは呼び出しに応じて、大阪府南警察署で必要最小限の取調べを受けるだけで、起訴される事もなく、務めている役所に知られる事もありません。
 
あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件弁護の経験豊富な弁護士が、依頼主から相談を受けると、その豊かな経験と知識を生かして、迅速に示談交渉などし、依頼主が納得するかたちで事件を解決いたします。

刑事事件を専門に扱う法律事務所、刑事事件に強い弁護士をご用命の際は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで。

初回無料相談を実施しています。