大阪の刑事事件 脅迫事件の無罪に強い弁護士

2015-10-28

大阪の刑事事件 脅迫事件の無罪に強い弁護士

Aは、大阪府茨木市の耳原公園にて、Bに対し、Bの身体に害を与える旨を告知して脅迫したとして、大阪府警茨木警察署の警察官により、逮捕されました。
Aは、警察官の取調べの対し、容疑を否認しています。
Aの妻であるXは、Aがそのようなことをするはずがないと思い、Aの無罪を証明してもらいたいと弁護士に相談に行きました。
(フィクションです)

[罰則]
刑法第222条 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

無実である者が、犯罪者として扱われてしまうことを冤罪といいます。
今回のXの相談によると、Aは無罪であると言っており、このままでは冤罪事件になる可能性もあります。

そこで、Aの無罪を主張するためには、Aを現に取り調べている大阪府警茨木警察署の警察官が当該事件についてどの程度の証拠を保有しているか、Aが取調べに対し、どのようなことを主張しているのかを正確に把握する必要があります。

弁護人として選任された者は、大阪府警茨木警察署の警察官に働きかけを行い、証拠の有無を確認するとともに、被疑者であるAと接見することで事件の真相を詳細に知る必要があります。

その上で、弁護人がAは無罪であると判断した場合には、無実の者を刑務所に入れることはあってはならないことですので、徹底的に戦うことになります。

しかし、無罪を主張することは容易なことではありません。
被疑者と弁護人との信頼関係が築けていなければ、何が真実なのかを見極めることが困難になるからです。
仮に、Aが嘘をついているとすれば、弁護人はAが無実ではないにもかかわらず、無実を主張することとなり、犯罪者を助長することにもなりかねません。

無実を主張するには、被疑者と弁護人との信頼関係は必要不可欠な要素といえます。
また、無実を主張するための活動には、刑事弁護活動が含まれ、専門的な活動といえますので、刑事事件に強い弁護士に依頼することをお勧めします。

ですので、大阪の脅迫事件で無罪を主張される方は、無罪に強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
弊社は、刑事事件に特化していますので、刑事弁護活動専門の弁護士が在籍しています。
初回の法律相談も無料で行っており、担当の弁護士が親身になってご相談にお答えいたしますので、一度お問い合わせください。