【大阪府柏原市で逮捕】大阪の刑事事件 占有離脱物横領事件で最良の弁護活動を提供する弁護士

2017-03-14

【大阪府柏原市で逮捕】大阪の刑事事件 占有離脱物横領事件で最良の弁護活動を提供する弁護士

~ケース~
ある日Aは、公園で首輪のついた犬を見つけました。
犬には首輪がついていたものの、Aは自分のペットとして飼おうと考え、首輪を付け替え、育てていました。
それから1年ほど経ったある日、犬の飼い主Vが現れ、Aに犬の返還を求めました。
しかし、Aはこれを拒否しました。
怒ったVは柏原警察署に通報し、Aは警察から事情聴取を受けました。
逮捕や起訴に不安を感じたAは、あいち刑事事件総合法律事務所の刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(このストーリーはフィクションです。)

1.占有離脱物横領罪
刑法254条は占有離脱物横領罪を定めており、これが成立する場合、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料が科せられます。
占有離脱物横領罪の客体は他人の物でなければなりません。
しかし、今回の事件でAが領得した犬には首輪がついていましたので、Aは犬が野良犬ではなく、少なくとも他人の所有する犬と認識していたといえます。
したがって、Aの故意に欠けることはなく、Aには占有離脱物横領罪が成立すると考えられます。

2.弁護活動
Aは拾った犬を育てただけで、自分は悪くないと主張するかもしれません。
しかし、犬には首輪がついていましたし、これを付け替えて自分の犬として育てていたことからすれば、このような主張は通らないと考えられます。
まずは、本来の飼い主であるVに謝罪し、犬を返還することが、弁護活動の第一歩といえます。
Aは1年間育てた愛着のある犬を返すことを拒否するかもしれません。
しかし、犬に対する愛情を持っているのは、Vも同じです。
弁護士は、今後の刑事手続を丁寧に説明した上で話し合い、ご依頼者様にとって最良の弁護活動を提供させていただきます。

占有離脱物横領罪などでご自身が逮捕されるのではないか、起訴されるのではないかとご不安な方は、是非一度、あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。
刑事事件を専門に扱う弁護士が、お客様のご質問にお答えします。
(初回の法律相談費用:無料 大阪府柏原警察署までの初回接見費用:3万8800円)