【大阪府羽曳野市で逮捕】大阪の刑事事件 強制わいせつ事件で痴漢事件に強い弁護士

2017-03-13

【大阪府羽曳野市で逮捕】大阪の刑事事件 強制わいせつ事件で痴漢事件に強い弁護士

~ケース~
ある日Aは電車で通勤中に、車内で痴漢行為を働いた疑いで女子高生Vに現行犯逮捕されてしまいました。
Aは身に覚えがないと供述しています。
Aは強制わいせつの容疑で羽曳野警察署に留置され、逮捕の連絡を受けたAの妻があいち刑事事件総合法律事務所に連絡しました。
(このストーリーはフィクションです。)

1.強制わいせつ罪
痴漢行為を働いた場合、迷惑防止条例違反若しくは強制わいせつ罪に問われる可能性があります。
迷惑防止条例違反が成立する場合、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。
一方、強制わいせつ罪が成立する場合、6月以上10年以下の懲役が科せられます。
この違いは、痴漢行為の態様によって区別されています。
具体的には、衣服の上から身体に触れた場合には迷惑防止条例違反が、衣服の中に手を入れて触れた場合には強制わいせつ罪が成立します。
今回の事件で、Aが強制わいせつの容疑で留置されているのは、AがVの衣服の中に手を入れて触れたと疑われているからだと考えられます。

2.今後の流れ
今回の事件では、Aは痴漢行為について身に覚えがないと否認しています。
ですので、逮捕後、検察官から勾留請求がされる可能性が高く、また、この請求が認められる可能性も高いと考えられます。
したがって、Aの身体拘束は今後長期にわたる可能性が高くなります。
また、痴漢事件の場合、被疑者の手に付着した繊維鑑定が重要な客観証拠となります。
しかし、警察が繊維鑑定をせずに、被害者の供述一本で被疑者を身体拘束してしまうことも珍しくはありません。
そのため、被疑者は過酷な取調べにさらされ、自白を強要される可能性もあります。

強制わいせつ事件をはじめとした痴漢事件で逮捕されてしまった方のご家族の方は、まずは一度あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。
痴漢事件に強い弁護士がお客様をサポートいたします。
羽曳野警察署までの初回接見費用:39,300円)