【お客様の声】奈良県の迷惑防止条例違反事件 冤罪を晴らし不起訴処分の弁護士

2017-05-28

【お客様の声】奈良県の冤罪事件 迷惑防止条例違反事件で冤罪を晴らし、嫌疑不十分で不起訴処分の弁護士

■事件概要■
 ご依頼者様の息子様(20代、大学院生)が、路上で少女に「胸を触っていいか」等と声をかけたと容疑をかけられ、逮捕されてしまった迷惑防止条例違反事件です。
 息子様は逮捕され、その後も勾留されてしまいましたが、弁護士の助力により、勾留延長は阻止でき、最終的に嫌疑不十分で不起訴となり釈放されました。

■事件経過と弁護活動■
 弁護士は依頼を受けて直ぐに息子様のもとへ接見に向かいました。
 息子様は逮捕前に職務質問を受けた際、警察に囲まれてしまった恐怖から、嘘の氏名と生年月日を言い、さらに、その場から逃げようとしまったことで、疑いをさらに強められ、逮捕されてしまいました。
 息子様は逮捕された後、さらに勾留されてしまいましたが、息子様は「身に覚えがない。被害者も全く知らない。」と一貫して犯行を否認していました。
 弁護士は、息子様に事情を伺い、冤罪を訴えている息子様に警察の取調べに対しては一切黙秘するようアドバイスしました。
 しかし、黙秘権の行使に対しより一層苛烈を極める警察の取調べに、息子様はとても疲れ切った様子で、当時弁護士が接見に行った際にも非常に元気がなく、ずっとうつむいた状態になっていたこともありました。
 そんな中、弁護士は幾度も接見に向かい、息子様を励まし続けました。
 そして、接見に行くことが出来ないときは、電報を送る等して連絡を取り続けました。
 息子様も弁護士の激励にとても元気づけられ、警察からの取調べに耐えることが出来ました。
 事件についても、被害者の供述以外には、状況証拠しかなく、息子様を犯人と断定する直接の証拠はありませんでした。
 そこで、弁護士は検察官に今回の事件が冤罪の可能性があることを申述し、何度も折衝を重ねていきました。
 その結果、息子様は嫌疑不十分として不起訴処分となり、晴れて釈放されることとなり、現在も楽しく大学院に通っています。
 冤罪事件に立ち向かうためには根気も体力も必要となります。
 このような時、なにより重要なのは、被疑者に寄り添い、激励を行う法律の専門家です。
 あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、その豊富な経験から、最善の弁護活動を尽くすことをお約束いたします。
 冤罪事件でお困りの際には、まずはあいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。