【お客様の声】京都府の器物損壊容疑事件、警察介入前に円満解決する弁護士

2016-07-20

【お客様の声】京都府のパチンコ店における器物損壊容疑事件、警察介入前に円満解決する弁護士

◇事件概要◇
 ご依頼者様(京都府在住、40歳代会社員、前科なし)が、パチンコ店においてパチンコ台を損壊し、後日、このパチンコ店に行ったところ、店員から「警察に訴える。」と言われて事務所に連れていかれそうになったので、車で逃走した器物損壊容疑事件。

◇事件経過と弁護活動◇
 ご依頼者様は、逃走から数日後、パチンコ店から被害届が提出され警察沙汰になることを心配して当事務所に相談に来られました。
 ご依頼者様は、壊したパチンコ台を弁償して示談する事を希望しておられましたが、パチンコ店から逃走している事、過去にも同様の行為を複数回行っており器物損壊罪の余罪があったことから、ご依頼者様に対するパチンコ店の心証が悪く、すでにパチンコ店が警察に被害を届け出ている事が懸念されました。
 法律相談では、ご依頼者様に対して、警察に呼び出された場合の取調べ対応を指導すると共に、弁護士が仲介することで早急にパチンコ店への謝罪と被害弁償による示談交渉を行うことをお勧めしました。
 弁護活動のご依頼後、弁護士が直ちに被害店舗であるパチンコ店と連絡をとったところ、パチンコ台の破壊の程度が軽微であり、パチンコ店としては被害届の提出を躊躇していて未だ警察に被害を届け出ていないことが判明しました。
 早急な弁護士の示談交渉の結果、パチンコ店に対して再発防止を誓約する依頼者様の反省と謝罪の意が伝わり、警察の介入前に刑事事件化を未然に防止することができました。さらにパチンコ店からは「今後、この件を警察に届け出る事はなく、また店に遊びに来て欲しい。」とのお言葉をいただく事ができ、円満解決となりました。

 

202001