京都の刑事事件 交通事故の示談交渉に定評のある弁護士

2015-08-22

京都の刑事事件 交通事故の示談交渉に定評のある弁護士

京都府上京区にて、Aの運転する車がその前を走行していたBの運転する車に追突しました。
その追突の衝撃でBは首を負傷し、病院で検査の結果、全治2週間の加療を要する傷害を負いました。
AとBはその場で警察に連絡し、互いに事情を聴取され、Aは、在宅で処分を待っている状態であったところ、交通事故をおこし今後どうなのかと突然不安になり、弁護士事務所に法律相談に行きました。
(フィクションです)

[罰則]
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第5条
7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金。

家族で休日に車に乗ってお出かけすることはごく普通のことですよね。
でも、ごく普通であるからこそ、お出かけされる方も多く交通渋滞が多いものですね。

そこで、交通渋滞中に家族とお話に夢中になって、つい前の車を見ずに車を発進させヒヤッとされた方も少なくはないと思います。

今回のAについても、車を追突させたことによりBに全治2週間の傷害を負わせていますので、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第5条が適用されることになるのです。
しかし、怪我の程度はその事故毎に大きく異なるものであり、一概にどれくらいの責任があるということは困難です。

被害者としては、謝罪してくれるのならいいとか、被害を何としても弁償してほしいとかいい分や主張は人それぞれだと思います。
そこで、中立・公平な視点から加害者と被害者との間に入って示談の交渉を弁護士が行うことによって、示談交渉がよりスムーズに解決することは稀ではありません。

むしろ、被害者によっては、加害者との接触を持ちたくないと思われる方もいらっしゃいます。
そうすると、交渉は困難となり、本来示談が成立することで刑罰が軽減される可能性があるにもかかわらず、それができないことで刑罰が重くなることも少なくありません。

ですので、京都交通事故示談交渉でお困りの方は、示談交渉定評のある弁護士がいるあいち刑事事件総合法律事務所にご連絡ください。
初回の法律相談は無料で行っておりますし、昼夜問わず、法律相談のご予約を承りますので、お気軽にお問い合わせください。